書籍」カテゴリーアーカイブ

Windowsストアアプリ開発入門 Visual C# 2012編が出来ました

苦節半年…ってことで、ようやく出来がりました。ひと目でわかるシリーズのWindows ストアアプリ版です。諸々の状況をかんがみて、C#版を先に出して、1か月後に同じ内容でVisual Basic版が出る予定です(ただいま校正中)。 日経BP書店|商品詳細 - ひと目でわかるWindowsストアアプリ開発入門 Visual C# 2012編Amazon.co.jp: ひと目でわかるWindowsストアアプリ開発入門 Visual C# 2012編: 増田 智明: 本 Amazonでは、まだ予約受付中になっていますが。日経BP書店では既に買えるようです。今回は、DRMフリーの電子書籍版(PDF形式)も発売しますので、Surface RTに入れて(あるいはiPadに入れて)閲覧することも可能です。 目次をざざっとみるとわかるのですが、先発の本と内容がだぶらないようにしてあります。主にファイル回り … 続きを読む

カテゴリー: 書籍, WinRT | コメントする

仕様書の基本と仕組み 第2版ができました

宣伝がてら。秀和システムの「仕様書の基本と仕組み 第2版」の見本が届きました。 図解入門 よくわかる最新 システム開発者のための仕様書の基本と仕組み[第2版]|書籍情報|秀和システム 基本的な路線は変わらず、増補版という形でボリュームを増やしています。 継続的にアップデートする WEB サイト開発のパターンを追加 携帯アプリなどのパッケージ型の開発パターンを追加 仕様書テンプレートを追加 しています。まあ、アジャイル的に言えば、仕様書、設計書は必須という訳ではないのですが、取り処としてちまちま作っておくと便利です。特に、複数名のグループであったり、外注をしたり、あるいは外注を請けたり、というところでは「契約面」も含めて、仕様書が必須になります。 この本の中では、仕様書(specitication)と、設計書(software design)の区別をあまり明確に解説していません。いくつかの … 続きを読む

カテゴリー: 書籍 | コメントする

iPhone/iPad アプリ開発 逆引き大全 500の極意ができました

iPhone/iPadアプリ開発 逆引き大全500の極意|書籍情報|秀和システムhttp://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/3352.htmliPhone/iPadアプリ開発逆引き大全500の極意―Apple Mac OS10Lion対応 iOS5SDK/Xcode4対応: 増田 智明, 池谷 京子: 本http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4798033529 そんな訳で苦節半年(ぐらいかな)掛かりましたが、iPhone/iPad プログラミングの本ができあがりました。総ページ数 600頁強、総Tips 数 500 、私の担当分は 300 tips という具合です。今回の本では、サンプルプログラムを CD-ROM ではなくて、サイトからダウンロードすることになっています。現時点で準備中(整理が間 … 続きを読む

カテゴリー: 書籍, Objective-C | コメントする

コードで学ぶ ASP.NET MVC アプリケーション開発入門

連載! コードで学ぶ ASP.NET MVC アプリケーション開発入門 | Code Recipe | MSDN http://msdn.microsoft.com/ja-jp/asp.net/gg490787 ということで、12/10の金曜日から、来年の3月までの連載記事です。 書籍 日経BP書店|商品詳細 - ひと目でわかるMicrosoft ASP.NET MVCアプリケーション開発入門 http://ec.nikkeibp.co.jp/item/books/P94380.html の補遺と言いますか、記事に書ききれなかったものを、集めた解説ってな感じです。 ひと目シリーズの場合は、対象読者が初心者向けなので、難しいところはさらっと流して、最後まで作れるところを目指していますが、コードで学ぶシリーズの方は、ASP.NET MVC の深いところに突っ込んで解説&実験していきます。 子供 … 続きを読む

カテゴリー: 書籍 | 3件のコメント

とあるASP.NET MVC本を執筆中

前宣伝がてらに。 実は、某出版社で出すための「ひと目 ASP.NET MVC アプリケーション開発入門(仮)」を執筆中です(って、全然伏せてないぞ、これ)。 で、この執筆記事は、某社の Code Recipe サイトに同時連載する予定です(って、これも全然伏せてないし)。 中身的には、 「ひと目」の読者層に合わせて、手順を追って ASP.NET MVC サイトが作れるよ。 WEB 連載のほうは、ASP.NET MVC に限らず、WEB 全般のテクニックも合わせて、紹介するよ。 となります。  MVC 関連としては、Struts や CakePHP をはじめとして、完全に後塵を拝していますが(笑)、テクニック的には、どれも「MVCパターン」というところで似ています。 現在、執筆しているサンプルサイトは、「日経BPショッピング」でして、 ログイン機能がある ショッピングカート機能があ … 続きを読む

カテゴリー: 設計, 書籍 | 4件のコメント

C/C++辞典 発売です

年末年始とばたばたやっていた本が出来上がりました。秀和システムさんから出ます。 http://www.shuwasystem.co.jp/products/7980html/2596.html 分厚い800ページって、ええ、原稿が削れなかったんです。あれやこれやと入れていったら、こんなページ数になってしまいました。薄い紙を使っているそうなので、あまり重たくなっていないので、ページz単価はお徳!!! というか、私のページ単価は安く??? なっています(笑)。まあ、どちらもいいんですが。 内容は、C言語の文法/関数を中心にC++のSTLまであります。STLは全ては網羅できないので、厳選した結果ですね。あと、CppUnitも加えてあるので、xUnitを使った単体試験を行うときに御利用下さい。 動作確認のためのサンプルコードが付いていますので、関数やクラスの使い方のヒントにしてください。

カテゴリー: 書籍 | コメントする

ザ・プロフィット

目次なんかは↓を参照。 http://katsuhito.mitsumorike.com/archives/2004/10/_j.html http://noukanohon.blog40.fc2.com/blog-entry-17.html 最初に言っておきますが(IT業界の方には分かっていると思いますが)、23番目の「10倍の生産性を生む源 <デジタル利益モデル>」ってのは楽観的過ぎです。確かにDELLのサンプライはプッシュ型(売り手が製品を顧客に合わせて作る)からプル型(顧客が商品の組み換えを選択できる)に変更して成功をおさめたものの、今となっては他の会社も同じことをやっているので他のモデルに比べると一時的な利益モデルになります。本書にも書いてあるとおり、その他は大企業(ある程度シェアのある企業)が勝つためのモデルであって、その他の中小企業の利益モデルはこの23番目の「デジタル利益モ … 続きを読む

カテゴリー: 書籍 | コメントする

Hyper-V 仮想化技術活用ガイド

詳説 Microsoft Windows Server2008 Hyper-V 仮想化技術活用ガイド  遠山 藤乃 (著) を読了。   最近、テスト/勉強環境のために VMWare Workstation を使っています。 VMWare の中で、Windows Vista、Windows Server 2008 等、諸々の OS を動かしては動かして試しています。 Active Directory なんかは、物理マシンならば数台用意しないといけない訳ですが、仮想環境なら1台でも十分。今まで躊躇していたサーバー系の分野にも手をださなくちゃなぁ(理由は後日)と思い、諸々のサーバーをインストールしては試しては、の繰り返しです。 VMWare の場合、仮想環境を構築するのに3つの方法があります。 a) VMWare Workstation(有償)を使う。 b) VMWare Server(無償) … 続きを読む

カテゴリー: 書籍 | コメントする