月別アーカイブ: 2018年12月

読み取り専用の値オブジェクトがWPFのTextBoxにバインドされない(ように見える)件

最終的に、WPFのバグを踏んだのか!?と思ったけど、よく見ればきちんと例外が出ていたという話なので、今後注意するという備忘録的な記事です。 現象 こんな風な値オブジェクトを作っておいて、WPFのウィンドウにバインドします。 NameSan プロパティは加工して表示するだけの読み取り専用のプロパティです。金額の合計値を出すとか、なにか計算結果をだすとかそういう ReadOnly な表示はよくやるパターンですね。 ここで NameSan プロパティを表示するときに、TextBlock タグを使えばよいのですが、TextBox を使って ReadOnly=”True” にします。TextBox を使う理由としては、表示している文字列のコピーが Ctrl-C でできるからです。けれど、読み取りにしたいから、ReadOnly を付けておきます。 これをビルドして動かそうとする … 続きを読む

カテゴリー: 開発, C#, WPF | 読み取り専用の値オブジェクトがWPFのTextBoxにバインドされない(ように見える)件 はコメントを受け付けていません。

PINE64 と Xamarin.Forms の組み合わせを考える

この記事は、Xamarin Advent Calendar 2018 17日目の記事です。 PINE64 ってのは 3,000 円級で買えるラズパイ互換の組み込みボードです。ラズパイ互換というといささか語弊があるのですが、メモリが1GB タイプならば秋月で買えるし Raspberry Pi 3 Model B よりも高機能なところがあります。 Android 7.1 を入れる 最初に PINE64 を買ってみたのは Windows IoT Core を動作させたいためだったのですが、最初の頃は LAN などが上手く動かなくて諦め状態だったのです。今のバージョンは試していないので、それはまた今度。 でも、Android がほどよく動きます。Raspberry Pi 3B に Android を入れるとちょっと重たくて使い物にならないのですが、PINE64 に入れるとまずまずのスピードで動くよ … 続きを読む

カテゴリー: Android, Xamarin | PINE64 と Xamarin.Forms の組み合わせを考える はコメントを受け付けていません。

M5Stack から Slack に Yo! する

この記事は、M5Stack Advent Calendar 2018 – Qiita  の 10日目の記事です。 以前つくってみた M5Stack から Slack へ投稿する記事の焼き直しなのですが、もう少し詳しく書きます。というか、以前作ったやつをコピペしたら動かないということで、ちょっと書き直し。 仕組み Slack へ投稿する方法として、Web APIを使って直接投稿することもできるのですが、なかなか面倒ので WebHook を使います。HTTP で手軽にアクセスできる API を用意しておいてアクセスする方法ですね。WebHook 内で複雑なアクセスを肩代わりしてくれるので、組み込み側に専用のライブラリを用意する必要がなくなります。 というわけで、 SlackのWebHookを作る 作った WebHook に HTTPS で送る 2手順で実現します。 SlackのWe … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | M5Stack から Slack に Yo! する はコメントを受け付けていません。