月別アーカイブ: 2011年12月

MSTest の実力は如何ほどのものなのか?

今更ながら、Visual Studio 2010 の Test Framework を試してみました(NUnit は既に試しているのですが)。 テストプロジェクトを自動で生成してくれる。 テストメソッドのひな型を自動で作ってくれる。 というのが売りらしいのですが、メソッドのひな型のほうは慣れると普通に作れます…というか、最初のひとつが面倒なだけで、あとはコピー&ペーストでいけます。 実行したいメソッドのところで、右クリックして「テストの実行」を選択すると 指定したメソッドが実行できます。 テスト結果は、Visual Studio 上で確認できます。 右上にある「デバッグ」で実行させるとブレークポイントで止めることができるし、結構便利です。 NUnit を使う場合は、デバッグするときの「外部プログラムの開始」を設定するとできるので、同じことができるのですが指定したメソッドだけを動 … 続きを読む

カテゴリー: C#, xUnit | 2件のコメント

もう LINQ to XML は要らないけど、LINQ は必要

ExDoc を Silverlight でも動くようにちまちまと書き換えている途中。 moonmile/ExDoc – GitHub https://github.com/moonmile/ExDoc 既に NUnit を使ってテストコードを書いていたものを MSTest に書き換えています。本当は NUnit のまま動かしたかったのですが、Silverlight 上で動かん…と言うか、MSTest の場合も Siliverlight のクラスライブラリは対象にしていない(???)という感じで、結局、Visual Studio 2010 の単体テストコードの雰囲気を感じるのも兼ねて、MSTest を利用しています。 さて、その中でちょっと面白いテストコードを追加しました。 ExDoc は、暗黙のキャストと演算子のオーバーライドを派手にやっていて、「==」演算子もオー … 続きを読む

カテゴリー: 開発, EXDoc | 1件のコメント

moonmile の分家を hateblo.jp に作る

はてなダイアリーは、常々あの「はてな記法」に慣れなくて、躊躇していたのですがブログが公開ベータ版になったそうなので、参加しました。 moonmileのブログ http://moonmile.hateblo.jp/ ここが記事のまとめの本家だとすると、はてなブログのほうは技術メモ帳代わりに使う予定です。はてなブックマークはいままで使ったことがないのですが、そのあたりもこれから使おうかなぁと。 コードを公開するというよりも、資料集めしたものをはてなブログのほうに追記していくという感じ。今までは、ツイッターに垂れ流しなり、ブログに紛れ込ませるなり、手元のメモ帳なりを使っていたのですが。

カテゴリー: 雑談 | コメントする

もう LINQ to XML はいらない「ExDoc」を github にアップ

Home – GitHub https://github.com/moonmile/ExDoc/wiki github を使ってみようと思って、お試しに ExDoc をアップしてみました。 もう LINQ to XML はいらない(謀略編) | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/2083 もう LINQ to XML はいらない(虚実編) | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/2086 のあたりで作ってみたソースコードですね。 単純な RSS の解析や、twitter api の戻り値なんかを解析するときに、LINQ to XML だと冗長なので、ピンポイントに取れると便利かなぁと。 確か、inser … 続きを読む

カテゴリー: 開発, C#, VB | 1件のコメント

期間見積の見積期間は、どのくらいが妥当か

「見積もり」にも色々あって、大別すると、「金額見積」と「期間見積」があります。 金額見積のほうは、単価×人員数ということで、いわゆる「人月計算」で使います。経営的、経済的な視点から見れば、社員の給与(あるいは外注費)は、さほど期間に依存するものではありません。期間にあまり依存しないというのは、開発期間が1、2日違ったところで、実は「人月単位」でしか変化しないといういうことです。また、社員なり派遣社員なりの場合には、月次という形で計算するのが普通(あるいは、複数プロジェクトで按分)ですから、時間単価、日単価でちまちまと計算するよりも、大枠の予算にあわせる(あるいは、合わせてプロジェクトが負われるか)に注力したほうが賢明です…が、まぁ大人の事情もありますから、人それぞれ。 さて、ここで話すのは「期間見積」のほうです。開発期間が、1年間なのか、6ヶ月なのか、という見積ですね。 勿論、 … 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト管理 | コメントする

小1の宿題を手早く済ますための iPhone アプリを作ってみたが

小学一年生の冬休みの宿題で、算数の繰り上がり/繰り下がりのカードがある。 これを毎日やるのが宿題なのだけど、 親がカードが捲って 子供が答える 間違えていたら、後でもう一度やり直し。 という手順になっている。 2の「親が捲る」のが面倒なので、数を足す練習ぐらいならば「自分でできる」ほうが良かろう、と思って iPhone アプリを作ってみた。 例によって、プロトタイプの画面はひどくチープです。 そして、ロジックは、ばかばかしいほど簡単に。 娘に見せて、まぁ評判が良かったら、画像なり色なりを付けてリリースすれば、この冬「相手をしなくてよいか」と画策したのだが、娘曰く 「自分でやって、自分で答えをみると、『ああ、そうか』だけで詰まらない」 「親とやりとりしているのが楽しい」 のだそうだ。 まぁ、そりゃそうだろうな。自分でやってみても「ひどく面白くなかった」ので。IT が埋められないもの(かな?) … 続きを読む

カテゴリー: 雑談, Objective-C | 1件のコメント

Trac を Silverlight から扱ってみる

Trac に XML-RPC 経由でチケットを投稿する | Moonmile Solutions Blog Trac 投稿専用の Windows アプリケーションを作る | Moonmile Solutions Blog の続きとして、今度は Silverlight から Trac を XML-RPC 経由で扱ってみます。 難関のポイントとしては、 Silverlight には、XmlDocument が無いので、XML-RPC を扱う時にはどうすればよいのか?LINQ to XML を使う? Silverlight の webclient 系のイベントは、非同期なので、どうすればいいのか? Silverlight から Trac を呼び出す時に、同じドメインでないと駄目なのだが、どうすればよいのか? というところでした。 ■Siverlight 版の XML-RPC を使う 例によって、 … 続きを読む

カテゴリー: C#, Trac | コメントする

Trac 投稿専用の Windows アプリケーションを作る

前回、Trac に XML-RPC 経由でチケットを投稿する | Moonmile Solutions Blog で、コマンドライン版ができたので、これを windows アプリケーションから作ります。 通常、Unix/Linux の場合には、コマンド呼出をアプリケーションの内部に持って、パイプでつなげるという手法を取ります。windows アプリの場合でも、コマンドラインツールに GUI をくっ付ける場合は、そうします。 また、ライブラリとして切り出すことも可能なのですが…実は、.NET の場合には、直接コマンドラインツールを参照設定することで、ツール内にあるクラス(今回は、TracTools クラス)を使えます。クラスライブラリは DLL に限らず、普通の exe ファイルでも使えるのです…という例ですね。 今までは、COM で作ったり、DLL で関数を共通化し … 続きを読む

カテゴリー: 開発, C#, Trac | コメントする

Trac に XML-RPC 経由でチケットを投稿する

Trac のチケット関係の api は結構あるのですが、ひとまず ticket.getActions: アクションを設定する(解決済み、担当者変更など) ticket.get: 指定ID のチケットを取得する ticket.create: 新しいチケットを作成する ticket.update: 既存のチケットを変更する、コメントを付ける ticket.delete: 指定ID のチケットを削除する なところがあれば、大丈夫かなと。細かなところはブラウザ上で操作すればよいので、完全にエミュレートするのは後ほど機会があれば作っていきます。 以下が、TracTools クラス。チケット自体は、object[] になり、そのままでは扱いづらいので Ticket クラスを作っています。 これを使ったコマンドラインが以下のコード。ユーザー名やらパスワードが直書きですが、これは後で、wordpress … 続きを読む

カテゴリー: C#, Trac | コメントする

Trac にダイジェスト認証で接続する

Trac に HttpWebRequest で接続するときは、UserAgent を設定する http://www.moonmile.net/blog/archives/2679 の続き。C# から XML-RPC で接続するので、http://www.xml-rpc.net/ を使いました。なんとなくオーバーヘッドが多そうなので気になるところですが、wordpress の post ツールを作ったことなので、その流用も兼ねて利用します。 実際は、下記のようなプロキシのクラスを作るのですが、api をリストアップするメソッドは、既に IXmlRpcProxy インターフェース内で SystemListMethods として定義済みなので、このまま使います。xml-rpc で「system.listMethods」として呼び出されます。 ダイジェスト認証を使う場合は、プロキシの Creden … 続きを読む

カテゴリー: C#, Trac | コメントする