月別アーカイブ: 2014年5月

de:code 2014 の感想戦

de:code | 日本マイクロソフトの開発者/アーキテクト向けイベント – Microsoft Events & Seminarshttp://www.microsoft.com/ja-jp/events/developer/ 結論から言えば、何かと前評判が悪かった de:code ですが、蓋を開けてみれば「損はさせません」のツイートは本当でした。値段相応なのか、値段以上なのかはさておき、自分の言ったセッションをメモ書きしておきます。 キーノートはプレゼントの発表が二転三転したのでさておき、 DE-023 Windows アプリ開発、どこへ向かうのか お昼に「.NET開発テクノロジ入門 2014年版」を買って読みながら奥主さんの話を聞く。行く予定のプレゼン資料は事前に OneNote で配布されていたので、そのまま Surface に入れてひと通り見ておく。紙の資料が … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

後付け言語 post を考えてみる

自前の関数型電卓のパースが間に合わなかったのと、先週の.NETラボ勉強会で「関数型言語の本質とは?」にうまく答えられなかったので、それっぽい言語を考えてみる。 うーん。私自身は関数型言語自体を扱っている期間が短いので、先駆者の言葉を借りれば「関数プログラミング」から「式が簡略化できる」ことと、「型システム入門」から「型が決まる/推論可能である」ことに尽きる…と思うのだけど、じゃあ、オブジェクト指向型言語との違いは?というと、なんだろう。 実は、「オブジェクト指向型言語は内部に状態を持つ、対して関数型言語は内部に状態を持たない」というのは正しいのだけど、オブジェクト指向型言語に根拠があるので、これは「ごまかし」である(ごまかしと分かっていて言うんだけど)。でも、状態を持たない(あるいは持てないように作る)ので、パラレル化がしやすいし、ドメイン駆動設計による分散に対象になる(内部に … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

Xamarin.iOS/Android で、文字列と画像をPCLを使って共有させる方法

Xamarin.iOS/Androidアプリで、バンドルリソース処理を完全共通化できそうな仕様 – Qiita http://qiita.com/kochizufan/items/69d69f37cf991d452226#comment-172bac67ec6257dc81c2 Embedded Resource | Xamarin http://docs.xamarin.com/content/EmbeddedResources/ 多分、PCL を使うと共通できるだろうなぁ、とは思っていたのですが、これといってよい方法が思いつかなかったのです。iOS/Android それぞれのプロジェクトに入れるしかないか(コピーあるいは共有プロジェクト)とは考えていたものの。なるほど、PCL のアセンブリから直接リソースを読みだす技がありましたね。 https://github.com/x … 続きを読む

カテゴリー: Android, C#, Xamarin, iOS | コメントする

アリスはルイスにプラダを知られたくない

#プログラマが思春期の娘に言われると傷つく一言 – Togetterまとめ http://togetter.com/li/294232 を見ていて、「お父さんと同じ名前空間に居たくない!」と「パパのコードと一緒にビルドしないで!」が秀逸だったので C# で実現してみました。正確には名前空間じゃなくて Prada というクラス名を見せないようにします(まあ、クラス名をネストの深い名前空間に入れておけば、名前空間自体を探ることも難しいと思うのですが…これはあとで調べてみよう)。 単純に AliceRoom のアセンブリのクラスを他のアセンブリに公開したくない場合は、private なり internal を使えばよいのですが、そうなると Lolita に Prada を渡したく。Lewis(今回はお父さん役)には見せたくないけども、友達の Lolita とは共有したい場 … 続きを読む

カテゴリー: 開発, C# | コメントする

F#のコンピュテーション式をVBAを使って真似してみる…というかDSLの真似

別にコンピュテーション式を調べていたのではなくて、「ひょっとしたらコンピュテーション式とCustomOperation属性で独自の二項演算子がエミュレートできるのでは?」と思っていて探していた訳で、結果的には「できない」なんですが、その派生としてマーチン・ファウラー著のDSL本を斜め読みしたので、その関連で。 32.4 Using Multiple Builders for the calender(Java) のところまで読みながら、局所的なマクロは業務コードを組むと良く出てくるパターンで、lex/yacc まで使わなくても(いや、yacc 使ったほうが手っ取り早いときもあるんですが)アセンブラ風のコマンドが先頭にあってパラメータが続くというパターンは解析がしやすいので、作るのも解釈するのも楽です。それもあって、手軽なものならば1回こっきりの自作コードを作っては捨ててもそんなに惜しくない … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

Xamarin StuidoでF# iOS アプリ(storyboard版)を作る方法

現時点でアルファ版ですが、Xamarin Studio 5.0 だと F# で iOS/Android のアプリが組めます。ただし、現時点では F# プロジェクトのテンプレートが storyboard 無しなので、UI を作ろうとするとコードで書かなくて大変…なのですが、ちょっと工夫するとできました、という例として。 追記 2014/05/14 alpha版のXamarin Studioしか確認してないのですが、アドイン自体は Xamarin Studio 4 のほうでもインストールできます。そうすると、現状でもF# iOSアプリは可能? サンプルコードは https://github.com/moonmile/XamarinFSharp にあります。 ■手順 1.プロジェクトにファイルを追加で「empty iphone storyboard」を追加する。 2. 空の storyboard … 続きを読む

カテゴリー: F#, Xamarin, iOS | コメントする

【速報】F# + Xamarin.iOS + Xamarin Studio で iPhoneアプリを作れるよ

Visual Studio 2013 上で iOS デザイナが動作しているのは Build 2014 でチラ見せしていたので、いずれは…と思っていたのですが、アルファ版がでました。 【速報】iOS Designer for Visual Studio リリース! – Xamarin 日本語情報http://ytabuchi.hatenablog.com/entry/2014/05/07/182031 既に Xamarin Studio for Mac のほうでは Xcode Interface Builder を使わずに Xamarin Studio 内蔵の iOS Designer が動いています。アルファ版のほうは Xamarin Studio 5.0 Xamarin.iOS 2.0 となるので同時にメジャーバージョンアップです。Xamarin Studio の UI も少 … 続きを読む

カテゴリー: F#, Xamarin, iOS | 1件のコメント

Xamarin.iOS+MvvmCrossでstoryboardを使う方法

MvvmCrossでプロジェクトテンプレートを作ると、丁寧な設定があって便利なのですが、Xamarin.iOSで作るときに Xcode5 に対応した storyboard のほうは出してくれません。やり方がよくわからないので、できるのかできないのかすら分からないので、必要があってきちんと調べてみました。 MVVMCross support for Xamarin.iOS Storyboards – Stack Overflow http://stackoverflow.com/questions/22126929/mvvmcross-support-for-xamarin-ios-storyboards slodge/eh ・ GitHub https://github.com/slodge/eh Databinding ・ MvvmCross/MvvmCross Wiki ・ … 続きを読む

カテゴリー: Android, C#, WinRT, Xamarin, iOS | コメントする