月別アーカイブ: 2011年9月

ComboBox の選択後のイベントは、TextChanged イベントで拾う

落とし穴、と言いますか、やっぱり ComboBox コントロールの落とし穴っぽい動きの話です。 ■問題 単純にフォームに ComboBox コントロールを貼り付けて、項目を選択した直後のイベントを拾いたい。 さてどうするのか? という要件があって、なんか手元のコードでは、SelectedIndexChanged イベントを拾っていた訳です。 SelectedIndexChanged イベントでも悪くはないのですが、ComboBox で項目を選択している途中のイベントも拾ってしまうので、【最後のイベントだけを拾う】ってのがなかなかでき難い、というか、これでバグっているので。 ■イベントは4種類ある あらためて ComboBox のイベントを見ると、それらしいものが4つほどあります。 ・SelectedIndexChanged イベント:選択項目が変更されるたびに発生する ・Selection … 続きを読む

カテゴリー: 開発, VB | 4件のコメント

アリスの鞄は作った人を知っている

ちょっとアリスシリーズ風に書き下し。 要は、デバッグ用に呼び出し元のクラス名を取得したいのですが、デバッグ用なので new 時にインスタンスやクラス名を渡したくない、のですね。なので、呼び出されたクラス/メソッドのほうから、こっそりと StackFrame を使って、呼び出し元のクラス名を取得するという技です。 Alice クラス内で、new Bag をしています。この Bag を生成したのは誰か?というのは、本来ならば Alice のインスタンスか、クラス名を渡す、あるいは、Bag プロパティに設定する、ということをやる必要があるのですが、これをスタックフレームを使って呼び出し元のクラス名を取得するようにします。 Bag クラスのコンストラクタの部分が少しトリッキーなことになっています。 StackTrace クラスでスタックトレースを取得した後、GetFrame メソッドで呼び出し元を … 続きを読む

カテゴリー: 開発, VB | コメントする

参照設定しているアセンブリからクラスを動的にロードする方法

Assembly.LoadFrom を使って別のアセンブリにあるフォームを起動する | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/2312 上記なところで、Assembly.LoadFrom メソッドを使うと動的にアセンブリをロードすることができる、って話をしましたが、実はプラグインでなければ【動的】である必要はないわけで、あらかじめ【参照設定】などでアセンブリを指定しておく方法もあります。 つまりは、 な感じで、Type から直接作ればよいわけです。 実は前回、なんでわざわざ動的ロードにしたのかなぁ、と思っていたら、この cname が参照設定先の別のアセンブリにあると、単純にクラス名(例えば、FormSub とか)だけではオブジェクトを作成できなかったからなのです。 アセンブリの構成が、 SampleMa … 続きを読む

カテゴリー: 開発, VB | 1件のコメント

Windows 8 Preview に色々インストールしてみる

まずは、Firefox。インストール時に「対応していないよ」と警告がでるが動く。 おつぎは Eclips. 久しく eclips を使っていないので java のプロジェクトが手元にないw。 android の開発には必須ですね。 OpenOffice も入れてみる。メニューのフォントが変なのは、前からなのか?多分、フォントが決め打ちになっているのかな。 色々インストールすると、windows 8 のスタートページはごちゃごちゃになります。まあ、「すべてのプログラム」のアイコンがぶちまけられるので仕方がない? IE のタブレット版(だっけ)では、Windows Azure Platform が動かないので、 通常版の IE10 で動かすとか ちなみに、Visual Studio 11 + Windows 8 では、Windows Azure Template がインストールされない&#82 … 続きを読む

カテゴリー: 開発, 雑談 | コメントする

iOS 本の共著してくださる方を募集します

なかなか、皆さんタイミングが合わないようで(意味不明)、広くブログで募集してみます。 # 今月末ぐらいまでは募集したいのですが、都合によっては早く締め切るかも。 某社の「iOS 逆引き」本(って伏字になってない気もしますがw)を書くために、iOS/iPhone/iPad のプログラミングができる方かつ執筆できる方を募集します。iPhone/iPad のプログラミング本です。 全体が、500 個ぐらいの tips を作る予定なので、はじめての執筆であれば 100 tips とか、あるいは元気な方(謎)であれば 200 tips かというところでしょうか。そのあたりは、調節したいと思います。内容は、これから決める、という泥縄方式ですから。 逆引きの本の場合は、ひとつひとつが単発なので1冊の本を書き続けるよりは(執筆)初心者向き、と言いますか分担がしやすいんですよね。 そんな訳で、 ■募集内容 … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

WebMatrix 再見…というか、テンプレートからサイトを作成してみる

2011-09-17 – まめしば雑記 http://d.hatena.ne.jp/shiba-yan/20110917 なところで、WebMatrix 2 のベータ版が出たそうで、というのを知って、そういえば WebMatrix ってどこまで使えるんだろうと既にインストール済みの(苦笑)WebMatrix を立ち上げてみて、ちょっと驚き。 WebMatrix を起動して、「テンプレートからサイトを作成する」をクリックします。 [ベーカリー]を選択 どうやらテンプレートで出来たらしいので、[実行]ボタンをクリック ブラウザが立ち上がって、ベーカリーサイトが出来上がっているという具合。 いや、中身は空っぽなんでしょうけど、「今すぐ注文」ボタンで遷移するところまでできています。 で、改めて、どんなファイルができているかと覗いてみると、 Razor テンプレートを使っていて、データベ … 続きを読む

カテゴリー: 開発, ASP.NET | コメントする

Visual Studio 11 では VC++ のインテリセンスが効くよ

MSDN から Visual Studio 11 preview 版(VS2012候補ですね)を入れて、Visual C++ を試してみました。 画像は後から貼り付けますが、インテリセンスが効くようになったよッ!!! ってことで。 これで、まともに C++/CLI でコーディングができそうです。 # VS 2010 にもサービスパック経由で出して欲しいなぁと。

カテゴリー: 開発, C++ | コメントする

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio v1.5 リリース

Windows Azure SDK and Tools | Windows Azure Platform http://www.microsoft.com/windowsazure/sdk/ 予想はしていたことでしたが…って予想していなかったよッ!!! 先月の頭に v1.4 が出てから今の時期に v1.5 って、うーむ。執筆中の書籍は v1.5 で画面キャプチャをし直しですかね。日本語版がいつ出るかにかかっていますが。 私としては、 – Goblal.aspx.cs へのコード挿入をテンプレート時点でして欲しい。 – web.config の sessionState を削除して欲しい。 ってところです。 後で、v1.5 英語版で試してみるということで。

カテゴリー: 開発, Azure | 1件のコメント

DataGridView へのバインドが遅い場合は、RowHeadersWidthSizeMode プロパティの値を疑ってみよう

DataGrid への表示は、VB6 の頃から遅くて、表示更新をしないと早くなるという噂(けど真実)があったりします。 で、.NET になって DataGridView への DataSource プロパティへのバインドをすると早くなる、ってのが定番なんですが(セルへちまちま貼り付けるよりも早くなります…が、測定はしてないので、そのうちに)、なぜか、DataSource プロパティへのバインドをしているのに、とてつもなく遅くなる現象が発覚したので、晒します。 1.10 カラムある DataGridView を作ります。 2.データを作成 3.データバインド 普通に作るととても早いのですが… このように、AutoSizeToAllHeaders を指定して列幅を自動で作成しようとすると。 ってな具合に、1000 倍ぐらい遅くなります。 想像するに、DataSource … 続きを読む

カテゴリー: 開発, C# | 2件のコメント

ホットキーで指定したウィンドウをキャプチャする

前回、Ctrl+PrintScreen でアクティブなウィンドウをキャプチャする | Moonmile Solutions Blog を書いている時に、あらかじめ指定したウィンドウの画面キャプチャをする、というのも書いたので晒しておきます。 どうも CopyFromScreen を使ったり、hDC を使って画面キャプチャをすると、Visual Studio 2010 のメニューがキャプチャできないんですよね…仕方がないので、SendKeys クラスを使ってキーエミュレートをします。 キャプチャ画面はこんな感じ。メインウィンドウに乗っている場合、そのままキャプチャします。 ■メインウィンドウを持つプロセスの一覧を取得 まずは、ウィンドウを持つプロセス一覧を取って、hWnd を保存しておきます。 ■リストで選択してキャプチャ これをホットキーの【Ctrl】+【PrtSc】に設定して … 続きを読む

カテゴリー: 開発, C# | コメントする