EV3」カテゴリーアーカイブ

倒立振子ロボットを MonoBrick で作成する(F#編)

つらつらと、はじめての制御工学 を読んで、やっとこさ PID 制御のところを過ぎて講座12のボード線図のところに来たところですが、C#版をF#版に直します。F# なのだから、関数型っぽい式の作り方とか制御工学で使われている変数をそのまま流用するとかしたいところなのですが、そのあたりはまだ理解&コードの読み進めが足りず…ひとまず、C#からF#にコンバートして倒立振子できるところまでいきました。 コード moonmile/MonoBalancer https://github.com/moonmile/MonoBalancer ここの MonoBalancerF が F# のコードです。 Xamarin Studio で F# プロジェクトを作る MonoBrick を使う場合、Xamarin Stduio を使う方法と Visual Studio + WinSCP を使う方法の2種類がありま … 続きを読む

カテゴリー: EV3, F#, MonoBrick | コメントする

倒立振子ロボットを MonoBrick で作成する(C#編)

ここ2週間ほど倒立振子ロボットにハマっていたのがようやく形になって来たので、メモ代わりに残しておきます。初手は ET ロボコンの EV3Way用のサンプルプログラム なのですが、そのままだとうまく動かかなったので(今考えると車輪の径の設定等が必要だった)、もうちょっと簡単に組み立てて動くところから始められるように、BALANC3R にある LabVIEW のコードから C# に移植しています。 moonmile/MonoBalancer https://github.com/moonmile/MonoBalancer 移植先 Robot Square – Tutorial: Building BALANC3R – Robot Square のコードを忠実に C# に移植しているつもりです。「つもり」というのは、コードの意味をいまいち把握していないからですね。いくつか … 続きを読む

カテゴリー: C#, EV3, MonoBrick | 1件のコメント

LEGO Mindstorms EV3 を Xamarin Studio でデバッグする

怒涛の EV3 シリーズの第3弾めです。 LEGO Mindstorms EV3 を C# で動かす | Moonmile Solutions Blog では、Visual Studio で作成した実行ファイルを WinSCP でアップロードしていたのですが、これが結構手間です。プログラムを修正するたびにいちいちアップロードをしないといけませんね。バッチ化してアップロードしてもよいのですが、Xamarin Studio を使うとビルド後にアップロード、かつ C# でデバッグ実行ができるので、これを紹介します。 ET ロボコンで MonoBrick が使われている etroboEV3 / Wiki / MonoBrickWin http://sourceforge.net/p/etroboev3/wiki/MonoBrickWin/#11-monobrick-ev3-firmware 参加す … 続きを読む

カテゴリー: C#, EV3, Xamarin | コメントする

LEGO Mindstorms EV3 を C# で動かす

レゴ エデュケーションと日本マイクロソフトが日本発 IT 人材育成を目的としたプログラミング ロボット教育カリキュラムの提供で連携 | News Center Japan http://news.microsoft.com/ja-jp/2015/10/27/151027-azure-lego-education/ ということで、日本でも LEGO と Microsoft が組むそうです。カリキュラム自体は Azure が必須(まあ Microsoft としてはそれが IoT の売りなので外せない)なのですが、個人的には Azure はいりません…が、ドキュメントがダウンロードできるので利用させていただきます。 ロボット×クラウドではじめての本格プログラミング~レゴ® マインドストーム® で地球を探査 | Microsoft Virtual Academy – 専門家が提供する e ラーニン … 続きを読む

カテゴリー: C#, EV3 | コメントする

LEGO Mindstorms EV3 をフリーの LabVIEW で動かす

手元にある LEGO Mindstorms EV3 は、以前いきおいで買ったもので基本+拡張セットがひと揃いあります。引っ越し前に買って、家で動かしてみたもののかなりの間放置状態だったんですよね。実は、同時に教育プログラムセットの LiveVIEW 版も一緒に買ったのですが使わず仕舞い。引っ張り出そうと思ったんですがダウンロードURLだったか会員番号だったかを SSD ごと紛失してしまったので、なんともなりません。株式会社アフレル で買ったので、再問合せすればダウンロードできたりしませんかね。 フリーの LabVIEW を使う プログラミング自体は、四角いインテリジェントブロックのボタンを使ってぽちぽち押せば作れるのですが、まあ、なかなか大変です。確か EV3 の Bluetooth シリアル通信は解析されているので、それ経由でハックすることも可能なはずですが、パンダ Scratch みた … 続きを読む

カテゴリー: EV3 | コメントする