月別アーカイブ: 2015年3月

TA7291P モータードライブを Netduino でリモート制御する

HC-05 Bluetooth のインターフェースはシリアル通信なので Netduino からシリアル通信すれば良いだろう、ってことで試してみました。配線は TA7291P モータードライバと HC-05 を使ってモーターを無線制御 | Moonmile Solutions Blog とほぼ同じ。HC-05 との通信線が、D2, D3 に割り当てられていて COM2 で接続するところが違います。たぶん、COM1 は D1, D2 の組み合わせでないかと。Joe’s Blog: Using a Cheap Bluetooth Shield on the Netduino を参考にして作っています。 ブレッドボード TA7291P は外部電源からモーターを動かすことができるので、単三2個の電池はモーターを動かすために接続します。 回路図 電池のほうにもパスコンがあったほうがいいのか … 続きを読む

カテゴリー: C#, Netduino | コメントする

TA7291P モータードライバと HC-05 を使ってモーターを無線制御

昔から定番らしい、TA7291P を使ってモーターを駆動させます。DRV8830 の I2C 制御とは違って、GPIO ピンを2本使ってモータの正反転を制御します。ピンから送る信号を analogWrite を使ってパルスにすれば PWM 制御できるらしいので(本来の使い方ではないけど)モーターを可変でも動かせます。秋月電子で2個セットで買えます。 ただし、2個動かすならば L293D というモータードライバが、Arduino のモーターシールドには乗っています。2個のモーターを同時に自作しようかなと思ったのですが、L293D は日本では売ってません。でもって、この L239D の後継?っぽいのが、TB6612FNG ってやつで、これはスイッチサイエンスさんとかで売ってます。TA7291P もそうなのですが、制御線とモーターへの電力線が別に取れるので、結構な大電流をモーターに流すことができ … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, Netduino | コメントする

8pino を無線化してモータを動かす

手元の Arduino Uno の SCL/SDA の調子が悪いので(先日、モータードライバーを焼き切ったときに一緒にやられた?)、代わりに 8pino を使って動作検証していました。 ブレッドボードの左にあるのが 8pino のつもり(ATTiny85互換なので、そのまま利用)。 モータードライバの DRV8830 の SCL と SDA は、8pino の #2 と #0 に差せば ok。シリアル通信は、8pino の #3 と #4 を使って HC-05 と通信させる。8pino に 5V を給電させれば、ひとまず HC-05 は動くようになりました。通信がうまく動かなかったのは電源のところに 10μF 程度のコンデンサを置くことで解消した模様。モーターへの給電は、1.5V を送ってしまうと、通信が止まってしまうので、0.6 V ぐらいに抑える。そうすると、Bluetooth から制 … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, Bluetooth | コメントする

Arduino を無線化(Blutooth)して戦車を作る(ユニバーサル基板編)

AE-DRV8830 と HC-05を連携させてモーターを制御する(ブレッドボード編) | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/6964 の続きで、これをユニバーサル基板で作ります。本来ならば、プリント基板を作ってとか、回路図を作ってってことになるのでしょうが、初手なので手作りで半田付け、ってのと最終的には Arduino 用のチップも載せてしまって小型化したかったってのがあります。まあ、やってみた感じでは、ユニバーサル基板で作るのは手作業が大変です…が、感光基盤だと子供がいる家ではできないし、ちょっと考えないと。 材料 DRV8830 x2 @170円 HC-05 x1 @1,000 円ぐらい オス・メスピン @100円ぐらい? ユニバーサル基板 x1 @270円(昔買った) 抵抗 10k … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, Bluetooth, WinRT | 2件のコメント

AE-DRV8830 と HC-05を連携させてモーターを制御する(ブレッドボード編)

昨晩、AE-DRV8830 を使ってモーターが動いたので、そのまま HC-05(Bluetooth)と連携させてテスト、そのまま、もうひとつ AE-DRV8830 をつなげて、2個のモーターを動かすことができました。 これで、先に作った RasPi 戦車を自作のモータードライバ版に置き換えられます。AE-DRV8830 は、秋月電子で買えば 170円なので、2個買っても 340円と非常に安いです。一般的な Raspberry Pi のモーターシールドが 3000円強するので、これを使えばかなりモーターが制御できるようになります。ただし、Arduino に限って言えば Amazon.co.jp: Arduino MEGA UNO Duemilanove 最高品質 用の L293D モーター シールド ボード: DIY・工具 なんてのが出ていて、なんかひどく安いです。IC に L293D とい … 続きを読む

カテゴリー: Arduino | コメントする

mbed LPC1114FN28 で Lチカする

mbed LPC1114FN28 – スイッチサイエンス https://www.switch-science.com/catalog/1714/ 勢い(調子に)乗って、mbed も買ってみました。評価キットになっているものはそれなりに値段が高いので、ほとんど素の状態の LPC1114FN28 を使います。ついでに、LPC1114FN28 本体も安い(200円ちょっと)ので 2個ほど手に入れました。これでマイコンを倍増できるぞと思っていたわけですが、手元に届くと結構でかいですね、これ。20x40mm 位あって小さなブレッドボードの半分を占有してしまいます。今あらためてみたんですが、LPC1114FN28 って 32ビットマイコンなんですね。 ブラウザ上でコーディングする http://developer.mbed.org/ でサインアップして、ブラウザ上でコーディングします。こ … 続きを読む

カテゴリー: mbed | コメントする

PICでLチカするための環境を整える

やっとこさ PIC までたどり着いた…と思ったら、LPC という ARM のチップがあることを知ったので(mbed って ARM ですね、確かに)、小さくするのならば LPC でもいいかなと思い始めてはいるのですが…ともあれ、どちらもやったことがないので、まずは PIC から。 秋月電子で、PICkit3 と PIC18F14K50使用USB対応超小型マイコンボード を一緒に買いました。PIC のチップだけを買えば、100円もしないのですが、書き込み方がよくわからないのと、USB 書き込み(たぶんシリアル経由ですよね)と ICSP直結(こっちが PICKit3 で書き込む方)自体がよくわからなかったので、まあひとまず、初期投資ということで。それでも RPi を買うよりも随分安いわけですが。 開発環境をインストールする MPLAB®X IDE | Microchip … 続きを読む

カテゴリー: PIC | コメントする

Raspberry Pi で Wii コントローラを認識させる準備

Wiimote という python スクリプトがあって、これを使うとさっくりと Wii コントローラーを試せます。となるハズです。「ハズです」というのは、どうやら Wii コントローラ自体の個体差があって、すんなり繋がったり繋がらなかったりするらしいんですね。ちなみに、私の手元の Wii コントローラは「Wii MotionPlus INSIDE」というやつなのですが、すんなり繋がらないほうです。 Raspberry Pi – How to use a Wiimote! – YouTube https://www.youtube.com/watch?v=bO5-FjLe5xE&list=UUfY8sl5Q6VKndz0nLaGygPw にある通り、 – Bluetooth ドングルを RasPi に差しておく – git clone … 続きを読む

カテゴリー: RaspberryPi | 5件のコメント

Raspberry Pi で戦車を作る(拡張編)

ひと通り、Raspberry Pi で動く戦車ができたのでおしまい…という訳ではなくて、これを拡張/派生させていきます。RasPi 戦車の最大の目的は、 リモコンで動くこと モーターが制御できること の2点なので、有線ケーブル(USBケーブル接続など)は対象外です。あと、戦車自体を「動かす」ことが私の目的なので、Raspberry Pi に外部電源を乗せています。これは、拡張先である Arduino なども同じです。メインチップに供給する電源とは違うところから取ってくるってのが必須。 以前、LEGO Mindstorms EV3 で作った時のノウハウを使っているので、PS3 Dualshock3 のコントローラーで Bluetooth 接続させています。モータードライバは手早く済まそうと思って購入してしまいました(本当は自作する予定だった)。制御フローでいえば、5つのブロックに … 続きを読む

カテゴリー: RaspberryPi | コメントする

Raspberry Pi で戦車を作る(リモコン編)

ゲームコントローラーで戦車のモーターを制御するということで、以下の2つをくっつけます。 Raspberry Pi で戦車を作る(Bluetooth/PS3 Dualshock3編) http://www.moonmile.net/blog/archives/6898 Raspberry Pi で戦車を作る(モーターシールド編) http://www.moonmile.net/blog/archives/6910 ジョイスティックをイベント化する https://github.com/moonmile/RaspiTank/blob/master/RaspiRobot/BPiJoystick.cs – ジョイスティックの変更イベント OnChangedJoystick – ボタン状態の変更イベント OnChangedButton を作成します。ジョイスティックの場合は、 … 続きを読む

カテゴリー: C#, RaspberryPi | コメントする