Azure」カテゴリーアーカイブ

Azure 上の .NET Core では DbSet の Join ができない

ひどくピンポイントかつ3時間ほどハマってしまったので、メモ書き的に残しておく。 環境は、 ASP.NET Core .NET Core 1.1 EF Core を利用 ASP.NET Core で Web API を作っていて、ローカルの .NET Core で LINQ の Join が動いていたのだが、いざ Azure にアップロードして動作させると、Join 部分がうまくいかなくて意味不明なエラーを返した。 とあるところで、こんな風に TicketView と Statues テーブルを JOIN させた。何をやりたかったかというと、Statues テーブルの IsClosed フラグを見て、その数をカウントしたかったのだ。これを、ローカル PC の ASP.NET Core で動作させると、するすると動いたので、そのまま Azure に乗せてみると… テーブル構造が違っているからマ … 続きを読む

カテゴリー: Azure, OpenCCPM | コメントする

Windows Azure Mobile Service で独自テーブルを作ってみる

カレンダー – Windows Azure – 技術者でつなぐ日めくりカレンダー の3/4の記事です。関係ないですが、3/4はうちの娘の誕生日です。誕生日プレゼントは何がいい?と聞くと「携帯電話がいい」という答えだったので「みまもり携帯とガラケーとiPhone5cから選べ」と言うと「なんでもいいそうです」欲がないですね…つーか、みまもり携帯だと何にもできないから私が(!)詰まららないですけど。 さて、Windows Azureというと仮想化の話から盛り上がっていたので、それのちょっと前の ひと目でわかるWindows Azureアプリケーション開発入門 を書いた身としては、BLOB と Table ストレージの API はどうなったんですか?ってな感じなのですが、まあ、いまいち Windows Azure に直接接続する API 絡みは流行らなかったんですよね(どう … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Azure | コメントする

ひと目でわかる Windows Azure アプリケーション開発入門 発売です

去年の夏から長々と書いてきましたが、やっとこさ、完成いたしました。お疲れ様です > 日経BP の編集の方 執筆途中に、Azure SDK が 1.4 から 1.6 まで上がってしまったり、色々風邪をひいたりして大変だったのですが、まぁ、それなりに詰め込まるものは詰め込めたかと思います。ざっとした前哨戦は、先月の .NETラボ 勉強会 2012年01月 でお話ししたので、ここでは中身の紹介をざっと。 ひと目でわかるWindows Azureアプリケーション開発入門 増田 智明 ■Windows Azure & SQL Azure の開発者向け タイトルの通り、システム管理者向けではなくて「開発者向け」です。なので、セッティングの細かいところは飛ばして、先頭からプログラミングができるような作りにしてあります。実運用をする場合には、いくつか Azure 自身のチューニングポイントがあるの … 続きを読む

カテゴリー: Azure, C# | コメントする

クラウドの課金は高いのか?

結論から言うと「無償で提供するには、限りなく高いッ!!!」です。まぁ、大人の道楽として月の呑み代を2,3回分突っ込む気持ちでいればいいんでしょうけど。単純にショバ代を払っているだけだと、アレかなぁと。 敢えて「某ひと目 Azure」(伏字になってないw)では課金の話はハズしてあります。将来的にどうなるか分からないし、開発者としては課金よりも「どう使うのか」、「どこから手をつけたらいいのか」のところから入るほうがいいでしょうから、お金の話はオミットしたのですね。 で、原稿の執筆のために「MSDN サブスクリプション」で windows azure を利用していたのですが、いやぁ、これが結構高くつきます。 執筆の開始は、実は去年の4月頃なので「クラウドアプリケーションって cpu 時間による課金だから、あまり使われないサービスであれば、セッション料金などを含めても、ほぼ無料で使えるよね」と軽く … 続きを読む

カテゴリー: Azure | 1件のコメント

ひと目でわかるAzureにゃんの準備メモ

久し振りに、.NETラボ 勉強会 2012年01月 で発表をします。で、前々回(行ってないのだけど)も、大和屋氏による発表があったので、.NETラボ 勉強会 2011年11月 それとダブらないように…と思ったけど、先方はインフラとしての Windows Azure の話なのでダブらないですね。私のほうは、開発として Windows Azure の話をします。 主な内容としては、手元の「ひと目でわかる Azure アプリケーション入門」の原稿からピックアップするのと、実際執筆中に起こった落とし穴(まだ校正中で、落とし穴がちらほら)あるので、それをまとめていく予定です。 落とし穴の話は、ぼちぼちこちらのブログにも並べていくと思うのですが、少しメモ書きとして。 Windows Azure SDK の日本語版が、非常に簡単に見つけらる件(以前は、探し回らないと駄目だったのですが、Web … 続きを読む

カテゴリー: Azure | コメントする

DevFC.exe が暴走している場合は、プロセスを切っても良し。

昨日、ふとタスクマネージャを見ていると、DevFC.exe というプロセスが 200 MB ほどメモリを喰っている…ので何故?と思って調べてみると、 Azure の Compute Emulator のようですね。ver1.5 だとたまに暴走することがあるみたいです。現在、私の環境は、ver1.6 なので直っていないのか、このコンピューターはあまり再起動していないので、ver1.5 のものが動作したままなのか。 # 説明のところが空白なので、何かのウィルスかと思ってしまった。 なので、プロセスをいきなり切っても OK だし、インジケーターから「Windows Azure Simulator Monitor」を右クリックして「Showdwon Compute Emulator」を選択しても OK です。Visual Studio を使って Azure 開発をしていないときはプロセ … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Azure | コメントする

Azure の Strage Emulator が作成するテーブル構造

Azure をローカルコンピュータで動かすと、ローカルにストレージアカウントが作成されます。 これは、.\SQLEXPRESS というインスタンスに、「DevelopmentStrageDb」な風なデータベースが作成されていて、 テーブル構造はこんな感じ。 キー情報としては、 AccountName アカウント名 ContainerName コンテナ名 BlobName ブロブ名 VersionTimestamp タイムスタンプ TableName テーブル名 PartitionKey テーブルストレージのパーミッションキー RowKey 列名 な簡単な構造をしています。 # 実際は Blob の Block 構造のために、Blob ストレージのほうはややこしいみたいですが。 DDL は、以下のようになっているので、 AccountName: 24 文字以内 ContainerName: … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Azure | コメントする

Windows Azure SDK 1.6 日本語版をインストールする

出遅れた…というか、気づかなかった。 「某ひと目Azureなんとか」(既に伏字になっていない)を直していると、SDK のバージョンが 1.4 から 1.5 から 1.6 に変わっているという…うーむ。発行時には、大丈夫なんでしょうか? で、1.5 の時は、日本語版がなかなか出なくて困っていたのですが、1.6 は英語版が出てから1週間後に出ているのですね。これだと、次のバージョンでも安心かも。 Windows Azure SDK 1.6 日本語版 http://blogs.msdn.com/b/bluesky/archive/2011/11/24/windows-azure-sdk-1-6-jpn-release-and-windows-azure-guest-os-2-8-amp-1-16-minor-update.aspx 以前は、MSDN のダウンロードを探し回 … 続きを読む

カテゴリー: Azure | コメントする

Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio v1.5 リリース

Windows Azure SDK and Tools | Windows Azure Platform http://www.microsoft.com/windowsazure/sdk/ 予想はしていたことでしたが…って予想していなかったよッ!!! 先月の頭に v1.4 が出てから今の時期に v1.5 って、うーむ。執筆中の書籍は v1.5 で画面キャプチャをし直しですかね。日本語版がいつ出るかにかかっていますが。 私としては、 – Goblal.aspx.cs へのコード挿入をテンプレート時点でして欲しい。 – web.config の sessionState を削除して欲しい。 ってところです。 後で、v1.5 英語版で試してみるということで。

カテゴリー: 開発, Azure | 1件のコメント

Windows Azure for Visual Studio v1.4 でAzureアプリを作成して、そのままアップするとエラーになる

ダウンロード詳細 Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010 1.4 (2011 年 8 月) http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=f6d1609f-08aa-40d6-abd1-119503ecb1f9 をダウンロードして、日本語版の v1.4 を使うわけですが、そのままASP.NET Webアプリを作ってAzureにデプロイをするとエラーが発生します。 Windows Azure ASP.NET MVC 3 Web Role で使っているプロバイダ ≪ ブチザッキ http://buchizo.wordpress.com/2011/08/04/windows-azure-asp-net-mvc-3-web-role-%e3%81%ab% … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Azure | コメントする