VB」カテゴリーアーカイブ

Xamarin.iOS+MvvmCross を VB で作る

@yusuke_kokubo そんなことはないですよ?F#も使えます。 — Openゆとり?( ・?・)? ?? (@megascus) 2014, 12月 1 これに「VB でも作れますよ」の返答をしたいだけに、Xamarin.iOS で VB を使ってみました。まあ、正確には、 ViewModel を VB の PCL で作る フロントを Xamarin.iOS の C# で作る 訳で、アプリ全体を VB では作ってはいませんが。F# の場合、アプリ全体も作れるので、なんとか工夫すれば VB でも作れると思うのですが、View 部分をコードで書かないといけないし、結構面倒なことになるので、VB+C# のハイブリッド型ということです。Xamarin + Microsoft が C# 押しをしている(ように見えるのは)単一言語で同一の .NET Framework(One.NET)で使える … 続きを読む

カテゴリー: VB, Xamarin | コメントする

Visual Basic で iOS アプリを書くプロジェクトを作成…できた

Visual Basic で iOS アプリを書くプロジェクトを作成…している途中 | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/5604 昨日の続きで、Xamarin.iOSを使ってVBでコードを書いてiOSアプリを書く、というニッチな話を。 結論から言うと、一応できました。結構、回避策を使っているので、もうちょっとアプローチを考えないといけないのですがブレイクスルーはできた感じ。 ■Xamarin.MonoTouch.VisualBasic.targets を作成する 以下の3つのファイルを作成します。 C:\Program Files (x86)\MSBuild\Xamarin\iOS\Xamarin.MonoTouch.VisualBasic.targets C:\Program Files (x86 … 続きを読む

カテゴリー: VB, Xamarin | コメントする

Visual Basic で iOS アプリを書くプロジェクトを作成…している途中

Xamarin では C# で iOSアプリを作れるのですが、Visual Basic では作れません…が本当のか?と思って試している途中。 こんな風に、C# のプロジェクトを真似て Visual Basic でプロジェクトを作ります。 参照設定で、monotouch, System, System.Core, System.Xml を入れる。 <Import Project=”$(MSBuildExtensionsPath)\Xamarin\iOS\Xamarin.MonoTouch.VisualBasic.targets” /> を *.vbproj に追加する。 C:\Program Files (x86)\MSBuild\Xamarin\iOS\Xamarin.MonoTouch.VisualBasic.targets を新しく作成する。 中身は … 続きを読む

カテゴリー: VB, Xamarin | 2件のコメント

[VB] VB6.0風にVB.NETでデフォルトプロパティを作る

前回、[C#] VB6.0風にC#でデフォルトプロパティを作る | Moonmile Solutions Blog の続きです。と言うか、こっちを先に書かないと訳が分からないですよね。 もともと、既定のプロパティという考え方が、VB6.0から来ているので(正確にはVB3.0の頃ですかね?)VB.NET のほうが素直に書けます。 「obj(10)」のようにインデックスを使う場合には、「Default」というキーワードを使います。上記のソースの場合には、Item プロパティを多重定義しているので、Integer 型、String 型の両方の Item プロパティの定義に Default を設定します。 暗黙の変換のほうは「Narrowing」というキーワードですね。これが C# の implicit にあたります。逆に、明示的な変換のほうは「Widening」というキーワード。C# で云えば … 続きを読む

カテゴリー: VB | コメントする

C# で XML ファイルを作成するときの比較(XmlDocument, XDocument, ExDoc)

「ツイートキャッチ★★★」で xml 形式でファイルに出力するために、ExDoc を拡張している途中です。ExDoc の主旨として「ユーザーインターフェースを優先する」という項目があるので(勝手に自分で付けたw)、ユーザーから使いやすいコーディングの仕方に合わせて拡張していきます。ユーザーってのは、「コーディングをするプログラマ」ってことですね、新しい UIDD(User Interface Developement Driven)の一環です(というのも、勝手に自分で付けたw) と前置きはそれくらいにして、コードを晒しておきます。 TwiCatchStar の内部データを直接 xml に書き出します。 ■XmlDocument を使う場合 通常の XmlDocument を使う場合です。まあ、旧来の DOM インターフェースを知っていれば作れるので、java などの他言語から入った人にはい … 続きを読む

カテゴリー: UIDD, C#, VB | 2件のコメント

もう LINQ to XML はいらない「ExDoc」を github にアップ

Home – GitHub https://github.com/moonmile/ExDoc/wiki github を使ってみようと思って、お試しに ExDoc をアップしてみました。 もう LINQ to XML はいらない(謀略編) | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/2083 もう LINQ to XML はいらない(虚実編) | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/2086 のあたりで作ってみたソースコードですね。 単純な RSS の解析や、twitter api の戻り値なんかを解析するときに、LINQ to XML だと冗長なので、ピンポイントに取れると便利かなぁと。 確か、inser … 続きを読む

カテゴリー: 開発, C#, VB | 1件のコメント

Active Directory は DirectoryEntry を使って検索する

.NET で、ドメインサーバーにある情報を検索するには、3 つのクラスを駆使します。 DirectoryEntry クラス: エントリそのもの DirectorySearcher クラス: LDAP クエリで検索 SearchResult クラス: DirectorySearcher で検索した結果 あとは、DirectoryEntry オブジェクトの Properties コレクションを使えば、なんとかなるのですが…結構、これが慣れるまでが大変なので、メモがてら公開しておきます。 # 事情があって、コードは VB で。 ■ドメイン構成と問題 ドメイン構成は、下記のようになっています。 訳あって、ドメインサーバーが2つあります。通常、ログインするほうは、plan.local ドメインなのですが、グループの設定やらなにやらがあるのは、moonmile.local ドメインのほうな … 続きを読む

カテゴリー: 開発, VB | 3件のコメント

SqlBulkCopy では、Decimal 型で桁落ちをする

SqlBulkCopy のスピードは 20 倍ぐらい早い | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/2234 なところで、SQL Server へのインサートを高速化したのですが、実はちょっとした落とし穴があります(落とし穴、というよりも「仕様」っぽいのですが)。 SQL Server で Decimal 型を使うと、Oracle の nameric 型のように精度を指定できます。たとえば decimal(18,4) と設定すると、小数点以下第4桁までの精度になります。 この場合、「0.12345」という値を入れようとすると、クエリでは「0.1235」のように最後の桁で四捨五入されるのですが、SqlBulkCopy を使うと「0.1234」のように切り捨てになる、という違いがあります。 のようにテーブルを … 続きを読む

カテゴリー: 開発, VB | コメントする

ComboBox の選択後のイベントは、TextChanged イベントで拾う

落とし穴、と言いますか、やっぱり ComboBox コントロールの落とし穴っぽい動きの話です。 ■問題 単純にフォームに ComboBox コントロールを貼り付けて、項目を選択した直後のイベントを拾いたい。 さてどうするのか? という要件があって、なんか手元のコードでは、SelectedIndexChanged イベントを拾っていた訳です。 SelectedIndexChanged イベントでも悪くはないのですが、ComboBox で項目を選択している途中のイベントも拾ってしまうので、【最後のイベントだけを拾う】ってのがなかなかでき難い、というか、これでバグっているので。 ■イベントは4種類ある あらためて ComboBox のイベントを見ると、それらしいものが4つほどあります。 ・SelectedIndexChanged イベント:選択項目が変更されるたびに発生する ・Selection … 続きを読む

カテゴリー: 開発, VB | 4件のコメント

アリスの鞄は作った人を知っている

ちょっとアリスシリーズ風に書き下し。 要は、デバッグ用に呼び出し元のクラス名を取得したいのですが、デバッグ用なので new 時にインスタンスやクラス名を渡したくない、のですね。なので、呼び出されたクラス/メソッドのほうから、こっそりと StackFrame を使って、呼び出し元のクラス名を取得するという技です。 Alice クラス内で、new Bag をしています。この Bag を生成したのは誰か?というのは、本来ならば Alice のインスタンスか、クラス名を渡す、あるいは、Bag プロパティに設定する、ということをやる必要があるのですが、これをスタックフレームを使って呼び出し元のクラス名を取得するようにします。 Bag クラスのコンストラクタの部分が少しトリッキーなことになっています。 StackTrace クラスでスタックトレースを取得した後、GetFrame メソッドで呼び出し元を … 続きを読む

カテゴリー: 開発, VB | コメントする