Arduino」カテゴリーアーカイブ

割り箸でロボットアームを作ってみる(中編)

既に支柱を LEGO で作ってるので割り箸ではないのですが、タイトルはそのままで。   8個のサーボを使って、同時に動かそうと思ったのだけど、実に面倒くさい。デモっぽく動かしたり、最終的には画像認識を使ったりするのだが、その途中で挫折しそうになる…ので、もうちょっと手軽方法を考えていました。 確か、人形を使って三次元映像を作る製品があったはずで、同じようなことはロボットアームでもできるでしょう、ってことです。7Bot: a $350 Robotic Arm that can See, Think and Learn! by 7Bot — Kickstarter の映像で出て来る、手でロボットアームを動かしてやって、それと同じ動きを実現するというものですね。安川電機の居合切りの映像も似たようなことをやっているはずです。 要は、ポテンショメーター( potentiometer 回転式 … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, ロボットアーム | コメントする

割り箸でロボットアームを作ってみる(前編)

mDrawBot のロボットアームで iPad をすりすりしてみたら結構うまくいったので、唐突にロボットアームを自作したくなって作ってみる。Kickstarter にもロボットアームがあって、それなりの値段(5万円位)で買えるようになったのが(以前は10万円以上したので)、そこはもうちょっと勉強も兼ねて構成を考えてみよう。 3D 関係のソフトウェアが苦手なので、LEGO を使って試作する。この日の午前中に、歯車を使ってギアボックスを作ったりピストンを使って練習した後で、これを作ってみている。関節部分を2軸にするという非常に冗長な構成なんだが、こうするとアーム自体がぐにゃぐにゃと自由に動く。構成が簡単になるので初手としてはこれで十分。 自由度が高ければいいというものではないだろうが、手元にある10個ぐらいのマイクロサーボを全部使ってもいいかなという贅沢な構成にしてみる。富豪的プログラミングと … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, ロボットアーム | コメントする

mDrawBot と mBot を組み立てる

Makeblockのお絵描きロボット「mDrawBot」が日本に上陸! | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ) https://www.makuake.com/project/mdrawbot/ で、支援した mDrawBot が届いたので組み立ててみました。サポータは180名ほどいるので、ぼちぼちとアップされるでしょう…とか思ってたら、誰もアップしないのでさっくりと紹介しておきます。 ちなみに、私の場合は Makuake で買ったものですが、本家 からも買えます。$230 程度なので 3,000円ぐらい高い感じですね。Makeblock のシリーズは LEGO のようにパーツを別々に変えます。基本のパーツを買って、それを増やすパターンで少しずつ増やしていくということが可能です。パーツ自体は、金属(アルミ?)なのでねじ止めでしっかりと作ることができます。塗装は剥げやすい … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, mBot | 1件のコメント

Firmata を使って Xamarin.Android から Arduino に接続(F#版)

Firmata を使って Xamarin.Android から Arduino に接続する | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/7185 これの F# 版を作ります。Xamarin.Android は主に C# で作ることが多いでしょうが、オール F# で作ることができます。Visual Studio 2013 では、Visual F# の Android テンプレートがあるので、そのまま使えます。 Firmata.NET を F# 版に書き直す 少し書き方が違いますが、ざっと書き下したのが以下のコードです。 定数が module を使っているのは愛嬌として、メッセージの配列を作るところは、直接作れるので若干楽ですね。ビット演算子が「&&&」や「|||」を使わないといけないの … 続きを読む

カテゴリー: Android, Arduino, F#, Xamarin | コメントする

Firmata を使って Xamarin.Android から Arduino に接続する

Windows Remote Arduino を利用して Arduino 戦車を動かす | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/7168 では、Windows がオープンソース化している Firmata ライブラリを利用して Arduino に接続したわけですが、Firmata プロトコル自体は公開されているので、どのような言語でも誰でも作れます。 firmata/arduino https://github.com/firmata/arduino github の readme を眺めると、.NET 実装もあります。ソースを見ていくと COM 経由で Arduino に USB ケーブルを刺して使うライブラリになっていますが、これをちょっと修正すれば Bluetooth のシリアル通信対応にできますよ … 続きを読む

カテゴリー: Android, Arduino, Xamarin | コメントする

Windows Phone 10 から Windows Remote Arduino を利用する

Windows Remote Arduino を利用して Arduino 戦車を動かす | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/7168 先日の続きで、Windows Phone 10 のユニバーサルアプリで Windows Remote Arduino を使います。UI は、Windows ストアアプリで作ったものをそのまま流用します。Windows 10 上の Visual Studio 2015 RC ならば、そのまま XAML デザイナが動くのですが、手元の PC では Windows 8.1 上に VS2015RC を入れているのでデザイナが動きません…が、基本的なところは 8.1 の XAML と同じなのでそのままコピーして使えます。 ms-iot/remote-wiring の Micro … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, Win IoT, Windows Phone | コメントする

Windows Remote Arduino を利用して Arduino 戦車を動かす

Windows Remote Arduino を Arduino Uno/Nano で試す | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/7158 の続きです。Arduino に Firmata を入れることによってクロスプラットフォームで Arduino をリモート操作することが可能です。ということで、手元にある Arduino 戦車に Firmata を入れ直し、Windows Remote Arduino を使ってタブレットから動かしてみます。 L293D 利用して Arduino 戦車を作る | Moonmile Solutions Blog で作った Arduino 戦車は自前で シリアル通信部分を書いているのですが、Firmata のフォーマットに直せば、Ruby とか Node.js からも動か … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, Win IoT | コメントする

Windows Remote Arduino を Arduino Uno/Nano で試す

ホーム – 組込みシステム開発技術展 | ESEC の開催中だし、de:code の準備で忙しいのか、誰もがスルーしたままの Windows Remote Arduino を試してみました。 Windows Remote Arduino が何をするものかを簡単に言うと、Arduino にサーバーを入れて、Bluetooth 経由などで Windows 8.1/10 や Windows Phone から GPIO などを操作しようという仕組みです。Arudino 側には Firmata というライブラリがあって、すでに色々な言語(Ruby とか Javascript/Node.js など)からアクセスできるようになっています。Arduino IDE では、「ファイル」→「スケッチの例」→「Firmata」→「StandardFirmata」で、コードが開けるのでビルドしてインスト … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, Win IoT | コメントする

ロボットアームを買ったので、改造計画を立てる

勢い余って組み立て式のロボットアームを買いました。ロボットアームって、ブーム自体は2,3年ぐらい前にあって、各社で発売されていたのですが結構高価だったのとブームが家庭用二足ロボットに移ってしまったのか、今日び非常に手に入りにくい状態でした…まあ、結構な値段だったので手が実験にせよ手が出なかったわけですが。 で、ebay なんかを眺めていると、↓なロボットアームが売っていてですね、もうちょっと調べていくと amazon にもありました。Amazon.co.jp | グリッパーアームロボット 40320C | おもちゃ 通販 今回買ったのは amazon ではないのですが、何故か色々な値段であちこちで売っています。在庫処分っぽい感じ。 発売元が、株式会社イスペット でメイドイン台湾です。amazon の評にもありますが、コントローラが非常に固くて子供に手には…つーか、大 … 続きを読む

カテゴリー: Arduino | コメントする

.NETラボ 4月号で発表した Bluetooth の話

ざっと1時間で流していった発表資料です。本来ならば Bluetooth Low Energy のほうの実装を実演すると良かったのですが、デモのほうは Bluetooth 2.0 を使ってシリアル通信をやっています。コードは、部分的ではありますが、 Android アプリで BluetoothAdapter を使ってシリアル通信 Windows ストアアプリで RFCOMM クラスを使ってシリアル通信 WPF アプリで WinRT の RFCOMM クラスを使ってシリアル通信 の 3パターンが書いてあります。実は Windows Phone 10 TP を使っての通信もできています。 動かす Arduino Tank のほうは、HC-05 の Bluetooth 2.0 モジュールを使って通信させています。BT 通信を使うメリットとしては、「WiFi のようにアクセスポイントが必要ない」の一 … 続きを読む

カテゴリー: Arduino, Bluetooth | コメントする