月別アーカイブ: 2010年2月

意外と画面が狭いぞ!ネットブック

ネットブックで業務アプリを動かそう、なぞと構想しているのですが、それってユーザーに使いやすい画面になるのでしょうか? ってなわけで「ドックフード」してみました。 ネットブックの画面サイズは、大抵は 1024×600 だそうです。 ブラウザで表示、タスクバーなんかが表示されると、結構画面が狭くなります。 「ネットブック」には何が出来て、何が出来ないのか? まぁ、ネットブックの基本はメール送受信とブラウザ閲覧なわけなので、そんなに大きな 画面は必要ないのですが、意外と縦が狭い!意外とどころじゃなくて、狭すぎる! <016> 画面キャプチャの、上のIE部分が実際に表示できるところです。 次なるスクリプトを書いて、タスクバー分(50ドットぐらい)減らしています。 # XPのタスクバーは30ドットです。 このブログを表示させると、タイトルしか表示されませんね。。。 XPにIE8を乗せて、 … 続きを読む

カテゴリー: 設計, 雑談 | コメントする

Expression Blend 3 のサンプルプロジェクト

訳あって Silverlight の機能を網羅的に調べているので、そのお裾分け。 「Expression Blend 3 にはデモプロジェクトが付いているので、見てね~」と言っていたのは、MSの大西さんだったか?なのですが、ネットを見ても情報がないので晒しておきます。 # Blend 3 の試用版を入れれば見れると思うのだけど、「インストール」という高い敷居があるからね。 Blend 3 のサンプルプロジェクトは、7つあります。 <001> ・ShowboardSketch ・PCGameingSketch の2つは、Blend 3 から導入されたスケッチフローという機能のサンプルです。 スケッチフローは、簡単にいえば、Web サイトの構想を紙に書く変わりに、電子的に書く、というものです。紙で書いたものをスキャナで取り込んだり、鉛筆で書いたようなスタイルのボタンやリストボックスが用意されて … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

GNUstepでobjective-cを学ぶ(4)

objective-cを使うと、「id」という型がよく使われます。どうやら、smalltalkがそうらしいのですが、メソッド(あるいはメッセージ)を実行時にチェックしているために、このid型が使われます。 所謂、voidポインタのように使えるわけですが、objective-cのnilポインタ(NULLポインタのようなもの)に対してメソッド呼び出しをしても、「何も起こらない」という特徴があります。 ええとですね。C++やJavaとobjetive-cのメソッド呼び出し方が違うんですね。 C++の場合は、vtbl構造体に配置されている関数ポインタを直接呼び出します。 つまり。 な形になるわけです。 ですが、objective-c の場合は、次のように「func」という関数名を探し出した後に、メソッド呼び出しをするんですね。 当然、実行時にはC++やJavaのほうが早いのですが(更にC言語の呼び … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

Silverlight Sample Browser

Home – Silverlight SDK Sample Browser http://samples.msdn.microsoft.com/Silverlight/SampleBrowser/#/?sref=HomePage Silverlight http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc838158(VS.95).aspx Silverlight SDK http://blogs.msdn.com/silverlight_sdk/ ダウンロードの詳細 : Silverlight 3 ドキュメント http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=0a9773a7-c854-41fa-b73d-535abfb73baf&displaylang=ja Silve … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

Zaku認識(2)

前回のZaku認識(1)の続きです。 http://www.moonmile.net/blog/archives/576 物体/動体認識をするときに、白黒を使うことが多いのですが、残念ながら、これでは「シャアザク」と「ザク」の区別がつきません。何故、この2つを区別しなければいけないのか、、、は脇に置いて、区別できる方法で、認識をさせます。 RGB(赤/緑/青)の3値から、白黒画像を作る場合は、YCbCr(YIQ)画像に変換して、Y値だけ残します。 まず、次の画像を見てください。 <001> 真ん中にあるガンダムの左上にシャアがいますね。 これをグレー色調にすると、 <002> こんな風に、シャアがザクに隠れてしまいます。 これでは、シャアザクだけを攻撃することはできませんね(笑)。 そんな訳で、YIQからHSV表示に変換して、H値(色相)だけ残します。 <003> サーモグラフィのような画 … 続きを読む

カテゴリー: 雑談 | コメントする

GNUstepでobjective-cを学ぶ(3)

ひとつ、objective-cのメソッド記述について、癖があるので書き直しておきます。 先日書いた、class のところ、C++ で言えば、 なところを、書き換えるとすれば、 こんな風に、printInt、printStringのようにメソッド名を変えないといけないのですが、メソッド名の工夫にはルールがあります。   – (戻り値)キーワード:(型)引数 キーワード:(型)引数 のようにメソッドが構成されますが、最初のキーワードはcocoaのライブラリを見ると命名ルールがあります。 RGB値を制御する、次のC++のクラスを考えます。 これを直す場合は、   のように、「setColorRed」というメソッド名を付けます、、、というか、「setColorRed:green:blue」というメソッド名を付けます、という言い方が正しいです。 と言うのも、区切り方と … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Objective-C | コメントする

GNUstepでobjective-cを学ぶ(2)

objective-cクラスメソッドの使い方で、多重定義のところが腑に落ちなかったのですが、一応氷解したので、記録として。 C++ の場合、次のようにメソッドの多重定義ができます。 int型の引数を持つ場合と、char*型の引数を持つ場合の関数を「print」という同じ名前が使えるわけです。C言語の場合は「printInt」、「printString」なんて名前を変えないといけないので、この多重定義は名前を定義する際に非常に重要な機能なのです。   これを、「素直」にobjective-c の文法に直そうとすると、 と書きたいところですが、、、できません。名前が重複してる(duplicate declaration of method ‘-print:’)なるエラーが出ます。   実は、objective-cのメソッドの書き方は、 – … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Objective-C | コメントする

GNUstepでobjective-cを学ぶ(1)

昨日、cygwinでobjective-cを学ぼうとしましたが、無理でした(笑)。 最終的に、iPadのプログラミングをしたいので、NSStringクラスなりの、mac osxで動くobjective-cでないと駄目なので、、、GNUstepを使うこうとにします。 実は、GNUstepに入っているobjective-cだけを使うのであれば、何処の環境でもいいわけですが、何故かmingwしか対応していません。cygwinには未対応です、と明言されています。 WinwdowsでObjective-C パート2 (NS~クラスも利用可) : ページアウトされた記憶の残骸 http://take-blizzard.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/winwdowsobjecti.html なところから、Windows版のものをインストールします。 GNUstep Win … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Objective-C | 2件のコメント

cygwinでobjective-cを学ぶ(1)

iPadの開発を目指して、思い付き、objective-cを始めました。思い付きなものだから、途中でやめるかもしれないし、三日坊主かもしれないし、と。まぁ、C/C++/C#/Java以外の言語体系を学んでおくのも悪くないでしょう。 ■cygiwnでobjective-cをインストール そんな訳で、手元にはmacがありません(苦笑)ので、cygwinを使って、objective-cを勉強します。最終的には、Xcodeを使ってmac上で作らないと駄目なのですが、文法なところとかロジックのテストなところとか、そういうOSに関係ないところは、どの環境でもできるはずなので手元のwindows環境でやります。 Objective-CをWindowsで利用するために http://take-blizzard.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/objective-cwind.h … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | 2件のコメント

ロケットガール他

というわけで、ロケットガールの話。 いわゆる、宇宙開発に関わる話ですね。ロケットのパイロットに女子高生を乗せようという話です。最近、アニメの方を見たのですが、燃料棒自体を燃料容器にするあたりのくだりがリアルなので、少し調べてみました。すると、やっぱり原作がありました。それなりに、きちんとしたSFです。 で、宇宙開発の繋がりで言えば、 ・moonlight mile 太田垣康男 ・プラネテス 幸村誠 ・航空宇宙軍史シリーズ 谷甲州 が(私の本棚)にはあります。 これらの共通点は、宇宙&ロケットってことなんですが、ロケットガール以外では、もうひとつ共通点があって、それが「デブリ」です。 当時、航空宇宙軍史シリーズを読んだとき(20年以上前かな)、その頃の宇宙での戦闘シーンは、宇宙戦艦ヤマトやガンダムをはじめとして、ミサイルやビーム兵器です。今でもそうなんですが、実は、もっと効果的な武器があって … 続きを読む

カテゴリー: 雑談 | 4件のコメント