Android」カテゴリーアーカイブ

Android Things 上で Xamarin.Android を使って Lチカする

Android Things 上で Xamarin.Android を動かして F# を使う | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/8451 ここから暫く経ってしまいましたが、Android Things + Xamarin.Android の組み合わせでLチカ(GPIO制御)まで出来たので、サンプルを流しておきます。 サンプルコード android-things-samples/GpioAndroid at master ・ moonmile/android-things-samples https://github.com/moonmile/android-things-samples/tree/master/GpioAndroid バインディングプロジェクトを作る プロジェクトは本体の「Gpio … 続きを読む

カテゴリー: Android, Xamarin | コメントする

Android Things 上で Xamarin.Android を動かして F# を使う

この記事は、F# Advent Calendar 2016 – Qiita の 17日目です。なんか、曜日を勘違いしていて担当が日曜日だと思っていたんですよね。ほぼ日手帳が月曜日はじまりのカレンダーを使っているものだから、カレンダーの右端は日曜日なのですよね。長年使っていて便利です…という宣伝はさておき、F# の話です。 Android Things が発表された Android Things が先週 Google から発表されました。 もともとあった、Brillo の進化形ということ(私は Brillo 自体をよく知らない)なのですが、前身はさておき、Raspberry Pi 等で Android が動くという環境です。もともと、Android の足回りは Linux な訳ですから、Raspberry Pi のように Linux 互換の OS(Raspbianなど)が動く組み込みボードで … 続きを読む

カテゴリー: Android | コメントする

Android 5.1 をソースコードからビルドして NanoPi 2 Fire で動かすまで。

NanoPi 2 Fire というのを買いました。 左から、Raspberry Pi, Orange Pi, NanoPi です。USB はひとつしかついていませんが、HDMIがあってディスプレイ出力ができます。 さっくりと Debian が動いたり さっくりと Android 5.1 が動いたりします。 Android のほうは Google Play が入っているので、ストアから Android アプリを入れられるという優れものです。Orange Pi の Android には Google Play が入っていないので、こっちのほうがいいかなと。 NanoPi2 Fire http://www.friendlyarm.com/index.php?route=product/product&product_id=96&search=nanopi+2+fire&d … 続きを読む

カテゴリー: Android | コメントする

Xamarin.Android の開発とその先にあるもの

Android Advent Calendar 2016 の8日目になります。初めての人は初めまして、初めてでない人は、ずっと下のほうまで読み飛ばしてしまって大丈夫です。 Xamarin とは何か? C# 界隈では鬱陶しいほど流行っている…のか流行っていないのかわかりませんが、Java のほうでもぼちぼちと Xamarin な人が入ってきたりしていると思いますが、端的に言えば、Android を C# で書こうというのが、Xamarin.Android です。ついでに言えば、iPhone/iPad のアプリを Objective-C や Swift じゃなくて C# で書こうというのが Xamarin.iOS で、Mac 上のアプリを C# で書こうってのが Xamarin.Mac です。あちこちで C# が出てきますが、実は F# で書くことができたりしますが、まあ、そんなマニアックなこ … 続きを読む

カテゴリー: Android, Xamarin | コメントする

Raspberry Pi で Xamarin.Forms を動かそう(Advent編)

この記事は、Xamarin Advent Calendar 2015 の 4日目の記事です。以前、ざっと書き流していたのですが、もうちょっと詳しく書いていきます。 Xamarin が動作するプラットフォームで、相当異色な感じの Android on Raspberry Pi なので、読み物的にお楽しみください。 Raspberry Pi を用意する そもそも、なぜ Raspberry Pi で Android なんて動かすのか…は、さておき(苦笑)、Raspberry Pi を用意します。Android のインストールに BerryBoot というインストーラー ディストリビューションを使うのですが、バイナリを見る限り最新の RasPi 2 でも、それ以前のものでも大丈夫なようです。 動作確認は、Raspberry Pi 2 と5inch ディスプレイで確認しています。Raspberry … 続きを読む

カテゴリー: Android, RaspberryPi, Xamarin | コメントする

Raspberry Pi で Android を動かそう

10/3(土) の 第6回 Japan Xamarin User Group Conference 東京 – connpass のライトニングトークスネタ的に、Raspberry Pi で Android を動かしています。事例スペシャルだしLT枠の10分程度だし、当日はさくっと RPi2 で Android デモをしておしまいな感じ。Xamarin ですから、Visual Studio 2015 から Xamarin.Android を使ってデプロイ&デバッグぐらいなスタイルで行きます。普通は Android/iPhone のスマートフォンを使ってやる話ですから、異例といえば異例な気もしますが、実は、このネタ自体は、組み込みシステムのカンファレンスあたりから考えていたものです。 Android ボードというものがある 5月あたりに ホーム – 組込みシステム開発技術展 | ESEC があ … 続きを読む

カテゴリー: Android, RaspberryPi, Xamarin | 1件のコメント

Firmata を使って Xamarin.Android から Arduino に接続(F#版)

Firmata を使って Xamarin.Android から Arduino に接続する | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/7185 これの F# 版を作ります。Xamarin.Android は主に C# で作ることが多いでしょうが、オール F# で作ることができます。Visual Studio 2013 では、Visual F# の Android テンプレートがあるので、そのまま使えます。 Firmata.NET を F# 版に書き直す 少し書き方が違いますが、ざっと書き下したのが以下のコードです。 定数が module を使っているのは愛嬌として、メッセージの配列を作るところは、直接作れるので若干楽ですね。ビット演算子が「&&&」や「|||」を使わないといけないの … 続きを読む

カテゴリー: Android, Arduino, F#, Xamarin | コメントする

Firmata を使って Xamarin.Android から Arduino に接続する

Windows Remote Arduino を利用して Arduino 戦車を動かす | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/7168 では、Windows がオープンソース化している Firmata ライブラリを利用して Arduino に接続したわけですが、Firmata プロトコル自体は公開されているので、どのような言語でも誰でも作れます。 firmata/arduino https://github.com/firmata/arduino github の readme を眺めると、.NET 実装もあります。ソースを見ていくと COM 経由で Arduino に USB ケーブルを刺して使うライブラリになっていますが、これをちょっと修正すれば Bluetooth のシリアル通信対応にできますよ … 続きを読む

カテゴリー: Android, Arduino, Xamarin | コメントする

Android から Bluetooth+RFCOMM を利用してモーター制御をする

Arduino で Bluetooth シリアル変換モジュール(HC-05)を使う | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/6819 の続きです。 ストアアプリで作ると、ノートPCでちまちま(Surfaceでもいいけど)やらないちけないので、スマートフォンから動かせるようにします。と言いますか、せっかく Xamarin.Android があるんだから、それで RFCOMM してしまおうという訳です。 最近、中古で購入した Galaxy S3 は、Android 4.1.2 までしか上がらないので BLE は使えないのですが、従来の Bluetooth は使えます。まあ、接続先が Bluetooth 2.0 でシリアル通信なのでこれでok。 内容的には、以下を参考にして作っています。 Connect to … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Android, Arduino, Xamarin | コメントする

Xamarin.Forms でネイティブのイベントハンドラを拾う(iOS/Android編)

Xamarin.Forms でネイティブのイベントハンドラを拾う(Windows Phone編) | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/5908 の続きです。やり方は同じなのですが、iOS/Androidの場合にはネイティブのコントロールには Name プロパティがないので、Windows Phone のような FindName メソッドはないですね。iOS の場合は Outlet、Android の場合は FindViewById になるので、操作がちょっと違います。このあたりは、似たような操作(あるいは、適当なメソッドで包んでしまう)にしないと、手間がかかるので後でまとめていきましょう。 ■iOSのRendererを表示する。 iOS の場合は、画面のルートが UIViewController で … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Android, Xamarin, iOS | コメントする