月別アーカイブ: 2012年2月

Excel VBA で jQuery のようにアクセスできるライブラリを作れるか?

ちっとばかり頭の体操の意味も込めて、Excel VBA を jQuery 風に弄れるかどうかのテストを。結論から言えば、結構いけます。行けるんじゃないだろうか?の段階まではできました。 な風なコードを書くと、 な位まではできることが確認できました。 練習コードも含めてあるので、無駄が多いですが、ちょっと全コードを晒しておきますw 二つのクラス(XLQuery, XLRange)を作ってください。 XLQuery クラス XLRange クラス プロパティとパラメータの省略(option)を駆使して、それ風に動くようにします。VBA の制限としてクラスをひとつのファイルに複数のクラスを置けないので、利用する側を考慮してクラスは多くない様にします。なので、継承など本来のオブジェクト指向は無視して(苦笑)、使いやすい形で「オブジェクト」の部分だけ残しておくということで。 XLRange クラスの … 続きを読む

カテゴリー: 雑談, Excel VBA | 1件のコメント

Xcode 4.2 でUINavigationControllerを使う

UITableViewController と UINavigationController を使って画面を作ると、手軽に業務アプリ的な入力画面が作れるはずなのですが、この扱いが意外大変なのです…が、実は、Xcode 4.2 から導入された storyboard の機能を使うと「非常に簡単に」(と言っても以前に比較してというところでしょうが)、ページが扱えますという tips です。まぁ、実の処は、執筆中の本で使うサンプルなのですが。 上記のようにテーブルの項目をタップすると、画面間を行き来できる、というツリー構造のアプリです。 ■Xcode 4.2 で Master-Detail Application を選択 XCode で既にテンプレートが用意されているので、これを使います。「Master-Detail Application」を選択すると、上記のようなアプリのひな型が作 … 続きを読む

カテゴリー: Objective-C | コメントする

[VB] VB6.0風にVB.NETでデフォルトプロパティを作る

前回、[C#] VB6.0風にC#でデフォルトプロパティを作る | Moonmile Solutions Blog の続きです。と言うか、こっちを先に書かないと訳が分からないですよね。 もともと、既定のプロパティという考え方が、VB6.0から来ているので(正確にはVB3.0の頃ですかね?)VB.NET のほうが素直に書けます。 「obj(10)」のようにインデックスを使う場合には、「Default」というキーワードを使います。上記のソースの場合には、Item プロパティを多重定義しているので、Integer 型、String 型の両方の Item プロパティの定義に Default を設定します。 暗黙の変換のほうは「Narrowing」というキーワードですね。これが C# の implicit にあたります。逆に、明示的な変換のほうは「Widening」というキーワード。C# で云えば … 続きを読む

カテゴリー: VB | コメントする

[C#] VB6.0風にC#でデフォルトプロパティを作る

VB6.0の頃は、デフォルトプロパティというものがあって、 http://akihitoyamashiro.com/VBA/CreateDefaultProperty.htm なところにあるように、「Attribute Value.VB_UserMemId = 0 」という属性(みたいなもの)を設定して、オブジェクトのプロパティを決めていました。まあ、大ざっぱに言えば、「obj.Item(10)」のように配列にアクセスするときに、「obj(10)」のように、Itemメソッドを省略できるという技です。普通は Item というメソッドが使われるのですが、このメソッド名は「Attribute Value.VB_UserMemId = 0 」を付けメソッド(プロパティ)の場合は、これが省略できるという仕組みです。 で、これを C#, VB ならばどうやるか、という話を少し。 「既定のプロパティ」と … 続きを読む

カテゴリー: C# | 1件のコメント

[のだめ開発] 指揮者 conductor の役割とは

のだめカンタービレ – Wikipedia を見ると、原作のほうは2001年から、アニメのほうは2007年から、ということで、TOMOKO NINOMIYA WEBSITE が二ノ宮女史のページ     音楽のオーケストラを、ソフトウェア開発のオーケストレーション(コンピュータ用語では、自動化の意味を示すのだけど、ここでは、本来の意味の Orchestration アンサンブル 管弦楽法 – Wikipedia のほうに意味にあわせる)を考えたときに、以前は「指揮者 Conductor」を「プロジェクトマネージャ project manager」と同値に考えて、「管理者」という言葉の響きからくる「管理する人」「管理される人」という区分を類推してしまい、いまいち…と思っていたのですが、ちょっと思い直して manager とは違う、本来の … 続きを読む

カテゴリー: のだめ開発プロセス | コメントする

非同期スクリプトをWordPressに埋め込む

最近海外で流行りのTwitter,Facebook,Google+1,Analyticsをまとめる非同期スクリプトにはてなを加えてみた | ゆっくりと… http://tokkono.cute.coocan.jp/blog/slow/index.php/xhtmlcss/asynchronous-loading-of-major-social-buttons/ はてな数がアレなので、いまいち躊躇していたのですが、上記のスクリプトを本ブログに埋めてみました。 本当は、適当なプラグインを作って埋め込むとバージョンアップが楽なんですが…まぁ、直接埋め込みということで。埋め込まれているのが、「ツイッター」「はてな」「facebook」で、google+ が外れているのは、google+ を配置すると、何故か改行してしまうからなんですね。後で、並べられるようになったら追記します。 ■fo … 続きを読む

カテゴリー: Javascript, Wordpress | 2件のコメント

moonlight mile 第4巻におけるハーモニーの話を少し

MOONLIGHT MILE 4 (ビッグコミックス) 太田垣 康男 「のだめ開発プロセス」を考えるにあたって、風呂で読んでいたのが、これ。いや、正確には目指して読んでいたわけではないのだけど、目指すものに出会えるという幸運(正確には、「気になっていることだから、目の前にあるものに気づくという現象なんだが)に巡り合うという話を少し。 IT業界に入ると、最新技術への好奇心(僻地探索というかエリート意識とかそういうものも含む)と、ビジネス的にお金周辺のところに悶絶することになるのだが…う~ん、「社畜でありつつも楽しいIT土方」というブログの文言を見て、「人より頭がいいけど、ほどよく働いて程よく給料を貰う公務員の人生」(この人は一般的な公務員だったよ)を思い出してみたりします。IT業界にいると、google とか microsoft とか apple とか facebook のように … 続きを読む

カテゴリー: のだめ開発プロセス | コメントする

[C#] インターネットから画像をダウンロードしてメモリ上で操作する

ちょっと、技術ネタを放出。 ツイッターのクロールツールを作る中で、プロフィール画像をどうしようかと思っていたのですが、一度ファイルに落とさなくてもプロフィール画像(profile_image_url)をダウンロードしてメモリ上で操作できますよ、という話です。 このテクニック、asp.net mvc の記事を書いていたときに、ASP.NET MVC アプリケーション開発入門: 第 9 回 出力キャッシュの利用 – MSDN サンプル ギャラリー で microsoft の方に教えて頂きました thanx. 方法は単純で、WebClient で指定のURLをダウンロードして、byte 配列に入れます。こうすると on memory になるので、MemoryStream を通して、Bitmap に直します。これを PictureBox に代入すれば ok です。 って、簡単に書いてい … 続きを読む

カテゴリー: C# | コメントする

ソフトウェア開発プロセスとオーケストラの関係(メモ書き)

ちょっとルールを決めてみる。 考察の対象は、ウォーターフォールだったりアジャイルになるんだろうけど、「比較対象」にしないようにしよう。比較対象にしてしまうとと、批判的なことになっていしまうので水掛け論にしかならない(ウォーターフォールだけにw)。なので、実現可能性を求めることにして、実現不可能性のところは、多少オミットする。実現不可能性というのは、悲観的な意見(現実がアレだから、どうにもならないことだから)という悲観的…と言いますか、「実現不可能であることの原因を外部に求めてしまうところ」のことで、所詮、ひとつひとつのプロジェクトは「プロジェクト」であるがゆえに、完全な相似は求められないのだから(だけど、若干の相似性はある。という前提がある)、外部要因も様々、ひるがえって、現実にである内部要因も様々である、ということを認識する。 なので、「なんとなくできたらいいなぁ、夢の開発プ … 続きを読む

カテゴリー: 雑談, のだめ開発プロセス | コメントする

のだめカンタービレに学ぶソフトウェア開発プロセス(音合わせ中)

「のだめカンタービレ」というのは、一斉を風靡した(したのか?)クラッシック・ギャク漫画ですが、ギャグというか正統な音楽漫画なんですけどね。ホントは。 実写のほうはさておき…、原作漫画とアニメのほうをベースにして、ソフトウェア開発プロセスを解説/考察していきたいと考えています。実は、ソフトウェア開発組織はオーケストラ:柴田 芳樹 (Yoshiki Shibata):So-netブログ な話で、オーケストラとソフトウェア開発の類似点は考察に値するなぁ、と漠然と考えていた(第10巻ぐらいを読んだあたりで)のですが、アジャイル開発とのバッティングがって思考停止しておりました。 が、最近、ブログテーマ[とある現実な掌握術]|システム開発の見積もりブログ をぽちぽちと書いていて、なるほど真面目にアニメとの組み合わせでソフトウェア開発プロセス自体を考察するのも良いかなと思い始めました。まあ、 … 続きを読む

カテゴリー: プロジェクト管理, のだめ開発プロセス | コメントする