More wiki in a jar

list このエントリーをはてなブックマークに追加

More wiki in a jar

jarファイル1個で wiki が動きます。
tomcat も apache も iis もいりません。

SourceFoge の方
http://morewikiinajar.sourceforge.net/
http://sourceforge.net/projects/wiki-in-a-jar

だけだと、あまりにチープなので moongift の紹介記事
http://www.moongift.jp/2008/10/more_wiki_in_a_jar

そもそも、このブログのタイトルは最初はBTS(bag tracking system)を作る予定だったのですが、この発想元には「iis上では動かず、単体でtracのようなBTSを動かしたい」というのがあります。そう、USBメモリ一本で動く、という具合です。これの場合、java が必要ですが(asp.netでも.net frameworkが必要なんだけど)apacheのようなhttpサーバが要らないといういう手軽さがミソです。また、ファイルが1個だけというのが手軽です。

ソースをダウンロードして眺めてみました。
本体の Wiki_in_a_jar と、HTTPD を司る XRays_Web_Framework に分かれています。

フォルダ パスの一覧

D:\DOWNLOAD\WIKI-IN-A-JAR
├─Wiki_in_a_jar
│ └─trunk
│ ├─src
│ │ └─org
│ │ └─rgse
│ │ └─wikiinajar
│ │ ├─controllers
│ │ │ AdminController.java
│ │ │ CalendarController.java
│ │ │ FindController.java
│ │ │ IndexController.java
│ │ │ TabController.java
│ │ │ TagController.java
│ │ │ VcardController.java
│ │ │ WikiController.java
│ │ │
│ │ ├─helpers
│ │ │ │ DateUtils.java
│ │ │ │ TextUtils.java
│ │ │ │
│ │ │ ├─vcard
│ │ │ │ MimeConverter.java
│ │ │ │ Utils.java
│ │ │ │
│ │ │ └─wiki
│ │ │ └─render
│ │ │ │ LineByLineFilter.java
│ │ │ │ RenderEngine.java
│ │ │ │ WikiLink.java
│ │ │ │
│ │ │ └─filters
│ │ │ BreakFilter.java
│ │ │ Filter.java
│ │ │ HeadingFilter.java
│ │ │ HrFilter.java
│ │ │ HtmlTagsFilter.java
│ │ │ IntendedFilter.java
│ │ │ ListFilter.java
│ │ │ NoWikiCaptureFilter.java
│ │ │ NoWikiInsertFilter.java
│ │ │ SectionFilter.java
│ │ │ StrongerFilter.java
│ │ │ StrongestFilter.java
│ │ │ StrongFilter.java
│ │ │ TableFilter.java
│ │ │ UrlFilter.java
│ │ │ WikiLinkFilter.java
│ │ │
│ │ ├─models
│ │ │ ITaggable.java
│ │ │ Month.java
│ │ │ Settings.java
│ │ │ TagTree.java
│ │ │ Vcard.java
│ │ │ WikiArticle.java
│ │ │
│ │ ├─server
│ │ │ Server.java
│ │ │
│ │ └─views
│ │ ├─admin
│ │ │ ShowAdminPageView.java
│ │ │
│ │ ├─calendar
│ │ │ MonthView.java
│ │ │
│ │ ├─tab
│ │ │ TabTagView.java
│ │ │
│ │ ├─tagtree
│ │ │ ShowTagTreeView.java
│ │ │
│ │ ├─vcard
│ │ │ ShowVcardView.java
│ │ │
│ │ └─wiki
│ │ EditWikiArticleView.java
│ │ ShowWikiArticleView.java
│ │
└─XRays_Web_Framework
├─branches
└─trunk
│ .classpath
│ .project
│ build.xml

├─src
│ └─net
│ └─sf
│ └─wikiinajar
│ └─xrays
│ ActionMapping.java
│ ControllerResponse.java
│ HttpServer.java
│ IServerSettings.java
│ NanoHTTPD.java
│ PublicController.java
│ Request.java
│ View.java
│ Xml.java

.NET Framework に移植するのであれば、
– HttpServer.java や NanoHTTPD.java を .net web hosts クラスに書き換え.
– ファイルアクセス部分を書き換え
– 内部で持っている(であろう)*.xmlのリソース参照部分を書き換え。

というところでしょう。
サイズ的にはどのファイルも 300行ぐらいの小さなものなので移植するのもいいかなぁ。

ちなみに開発のほうは、ひとりで作っていて、最近5か月ぐらいはアップデートしていません。
v0.8 となっていますが、v1.0 になることは無いのではないかな。

カテゴリー: 雑談 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*