Android内のユーザーデータを探る

Android でアプリケーションが入っている場所は /data/data になるのだが、実機だとルート化する必要もありいくつか面倒なので、Nano Pi K2 に Android を入れて、その micro SD カードを使うことにする。 このカードを既存の Linux マシンに USB メモリとして認識させる。手元に Raspberry Pi があるので、認識させたのがこれ。ラズパイの場合は /media/pi にマウントされるようで、ここの /media/pi/userdata/data がそれにあたる。 例えば、マギレコの場合は com.aniplex.magireco 内を調べる。これらのフォルダーは root になっているので、su でルートになるか、sudo で調べるとよい。 後からダウンロードする場合は、別のフォルダーなのだろうが、マギレコの live2D は、com.an … 続きを読む

カテゴリー: Android | コメントする

鳳凰OS(Phoenix OS)をVMWareにインストールしてみよう

鳳凰システム – Phoenix OS http://www.phoenixos.com/ja_JP/ という Android ベースな中国産の OS があることを知りました。以前、Remix OS があって、うまいこと仮想環境にインストールできなくて断念していたのですが、今回の Phoenix OS は VMWare Player にインストールして程よくことができたので、お試しに。ただし、再起動すると、何故かインストーラから始まる(どうやら、内部 HDD じゃなくて、ネットワーク起動が優先になっているのが問題らしい)ので、あまり実用的ではありませんが。 http://www.phoenixos.com/zh_CN/ 日本語OSからアクセスすると「鳳凰システム」になっていますが、れっきとした北京超卓科技 https://www.lagou.com/gongsi/62428.h … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Xamarin | コメントする

ラズパイでUbuntu Core を試してみよう(前編)

ふと、Nano Pi K2 に Ubuntu を入れて .NET Core を使ってあれこれしようと思ったのですが、何やらこの OS がちょっと Ubuntu とは違う。Raspberry Pi に Ubuntu Mate を入れたときと挙動がちがう。そもそも CPU は同じ Cortex-A53 なのだから、GPIO まわりが違うとはいえ、Hello world 位は動くのではないか? http://wiki.friendlyarm.com/wiki/index.php/NanoPi_K2#UbuntuCore と思って、何の OS だか再確認すると「UbuntuCore」と書いてあります。これは、普通の Ubuntu とはどう違うのか?ってのが発端です。 そもそも Nano Pi K2 って何? Friendly ARM で購入できるラズパイ互換機です。Nano Pi にはいくつか種類 … 続きを読む

カテゴリー: 開発, RaspberryPi | コメントする

Live2D Viewer でデスクトップマスコットを表示してみよう

スマホでゲームをしていると、Live2D で二次元キャラが動くものがあります。 マギアレコード 魔法少女まどかマギカ外伝 https://play.google.com/store/apps/details?id=com.aniplex.magireco なんてのは、各キャラが動いていますね。ってことで、この Live2D のデータはゲームに使われるだけじゃなくて、そのまま PC のデスクトップマスコットにできます。 Live2D Viewerhttp://www.live2d.com/ja/download 元々、ビューアがあるのは知っていたのだけど、そのまま背景を透明にすれば、デスクトップマスコットになるんですね。こんな風に Amazon Prime を見ながら、マスコットが楽しめます…というか、子供には邪魔じゃないかと言われたのですが、まあ、これはこれでいいのです。 Liver2D … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

続 .NET Standard とは何か?

.NET Standard とは何か? | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/8218 の続編です。1年前位に、.NET Standard が発表されて、その後どうなるのかと思いつつ、.NET Core 2.0 のプレビュー版が出てきて、最近 Rasbian 上で .NET Core 2.0 を動かしてみて分かったことをいくつかまとめます。 PLCは最小公倍数で、.NET Standardは最大公約数だ せまっ苦しいPCL(Potable Class Library)では、なかなか大変なことになっているので、いっそのこと、.NET Framework、.NET Core、UWP な .NET Runtime を大まかに含めてしまったのが「.NET Standard」であるというのは、概ね合っています。 … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする

俺のラズパイ2で.NET Core 2.0なF#が動いたよ

俺のラズパイ2で.NET Core 2.0が動くまで | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/8732 では C# が動いたので、今度は F# で試してみましょう。 手順は、C# の時と一緒で、 Raspberry Pi2/3でRasbianを用意する。 PC上で、.NET Coreのプログラムを作る。 PCからRaspberry Piにデプロイする(アセンブリをコピーする) すれば ok です。コードが F# なので、デプロイするアセンブリに「FSharp.Core.dll」が含まれていれば、ああ F# で動いているね、ということになります。 F#なコンソールアプリを作る プログラム言語を -lang で指定して、コンソールアプリを作ります。 できあがったコードは、こんな感じ。皆さん、見慣れた F# … 続きを読む

カテゴリー: 開発, F#, RaspberryPi | コメントする

俺のラズパイ2で.NET Core 2.0が動くまで

俺のラズパイ3で.NET CoreなF#が動かないわけがない | Moonmile Solutions Blog http://www.moonmile.net/blog/archives/8028 の記事が去年の8月末で、あれからほぼ1年が経ちました。経っているうちに、.NET Coreが2.0のプレビュー版になって、.NET Coreが動くようになりましたよ、という話。 core/roadmap.md at master ・ dotnet/core https://github.com/dotnet/core/blob/master/roadmap.md#technology-roadmaps Running a .NET Core 2 app on Raspbian Jessie, and deploying to the Pi with Cake | Jeremy Lindsay … 続きを読む

カテゴリー: 開発, RaspberryPi | コメントする

iOSから自己署名証明書で接続することができないので、Let’s Encryptの証明書を使う

iPhone(iOS 10以降)でUIWebViewを使って https 通信をするときに自己署名証明書を使っている場合、どうやっても接続ができなかった。 現状 色々調べたのだが、 ServicePointManager.ServerCertificateValidationCallback を使って、SSL証明書のエラーを回避する → そもそもここが呼ばれない。 Info.plist に NSExceptionDomainsとNSExceptionAllowsInsecureHTTPLoadsを追加して例外扱いにする → NSURLSession/NSURLConnection HTTP load failed (kCFStreamErrorDomainSSL, -9813) のエラーになる。 非推奨の allowsAnyHTTPSCertificateForHost をオーバーライドし … 続きを読む

カテゴリー: 開発, Xamarin, iOS | コメントする

Scratch から Arduino を操作しよう、というわけで NetScrattino を作る

Scratch を使って Arduino を動かそうとすると http://scratchx.org/ を使うのがいいのだろうけど、どうも自分の環境ではうまく動かない。オフラインの Scratch 2.0 の場合、ファイルメニューをシフトを押しながら開くと「実験的なHTTP拡張を取り込み」というのが出て、適当なHTTPサーバーを作ると繋がるらしいことが分かった。 サーバーを作るのが手間といえば手間なんだけど(ScratchXの場合は、Chrome拡張をインストールすると、Chrome側にHTTPサーバーを立てる仕組みになっている)、一度作っておけば、Arduino 以外に接続するのも楽ではないかなと思って、作ってみることにする。.NET で作れば HttpListener があるので、何とかなるのではないかな、と。 Scrattino 2 | Yengawa Systems http:// … 続きを読む

カテゴリー: 開発, F#, Scratch | コメントする

ちょっと雑だが、C# で JsonProvider もどきを作る

F# には TypeProvider というのがあって、動的にクラスを作り、それを F# のコードで扱えるものです。 F# Data: JSON 型プロバイダー https://fsharp.github.io/FSharp.Data/ja/library/JsonProvider.html でもって、C# には TypeProvider がないんので F# が羨ましかったり、いやそう言うなら F# で組めばいい訳ですが。以前、F# の XAML の TypeProvider を作ったときに、そのまま Xamarin の PCL には持って行けなくて諦めた覚えがあるんですが。今だともうちょっと工夫できるかも、ってことで、C# で TypeBuilder を使ってみます。 雑に JsonProvider を作る JSON の文字列を渡して、それをプロパティに持つクラスを作ります。実は、New … 続きを読む

カテゴリー: 開発 | コメントする