データベース」カテゴリーアーカイブ

SQL Server のデータベースファイルを SSD に移す

SQL Server のファイルは、別の HDD/SSD に置くことができます。ってことで、基本技なのですが、メモ的に書いておきます。 ■SQL Server Management Studio で新しいデータベースを作る 新しいデータベースを作ると、初期値が「C:\Program Files\Microsoft SQL Server\MSSQL11.MSSQLSERVER\MSSQLDATA」になっています。 「MSSQL11.MSSQLSERVER」なところは、SQL Serverのバージョンとかインスタンスとかで決められているので、バックアップを取りたいときはここから直でコピーしてもOK。まあ、「タスク」→「バックアップ」でバックアップするのが筋なんですが。 ■データベースファイルをSSDに移動させる。 移動させる、というかデータベースを作成するときに別のドライブにファイルを作ります … 続きを読む

カテゴリー: データベース, パフォーマンス | コメントする

SSDにするとBlukcopyは5倍ぐらい早くなる

せっかく、最強.NET開発PCにSSDを入れたので、SQL Serverがどれくらい早くなるか計測してみます。つーか、もともとその目的もあって、SSD にしています。大容量の SSD はそれなりにお高いので、本当なら 64GB ぐらいの安めのを買って試してみたいところなのですが、まだ買ってないので。 PLEXTRO PX-512M5P http://www.goplextor.com/jp/index.php/m5-pro WDC WD20EZRX-00DC0B0 1TB という WD にあまりに不利な状況なのですが…まあ、ひと昔前の HDD と最新の SSD を比較するということでやってみます。状況としては、昔の HDD に SQL Server をがりがりやってチューニングして頑張って、という状況だけど、最近データアクセスが遅くて困る。となると、もっとチューニングをするのか … 続きを読む

カテゴリー: C#, データベース, パフォーマンス | コメントする

Excel を LINQ で検索する方法

よく業務の帳票を作る時は、Excel の隠しシートを使って「印刷画面」と「データ画面」を分けて作ります。 直接帳票をデータベースから書き込んでもいいのですが、 セルの名前付けの不整合などがややこしい。 行列を指定するときなんか、かなり大変。 ということがあって、別にデータ用のシートを用意しておいて、セル参照させるんですよね。ただ、このパターンって、行数が増えるようなレポートの場合はうまくいかなくて、結局のところコードのほう(C#/VB)で、がりがりと行列を作り込んだりします。 さて、本来はデータの書き込みを紹介したいところなのですが、OleDb プロバイダって entity data model に対応していないじゃん、ということでちょっとげんなり…どうしたものかと思っていたところ、結構簡単に linq 実装が出来そうなソースを見つけました。 Using Linq with E … 続きを読む

カテゴリー: C#, データベース | コメントする

WebMatrix はどうやって、データベースに接続しているのか

SQL Server Compact が単体で動くのかを調べるのと同時に、ちょっと不思議だったのが WebMatrix のデータベース接続です。自動生成される Raizor のソースを見る限り LINQ で接続しているわけでもないし、どういう風に表示しているのかな、と思っていたのですが。具体的には、WebMatrix.Data.dll という WebMatrix 付属のデータアクセスコンポーネントを使っています。 webmatrix を起動して、ベーカリーのテンプレートで自動生成して、Default.cshtml を開くと、 のようなコードがあります。 この「Database.Open」のところでデータベースへの接続、「db.Query」でクエリの実行、ってことが想像できます。 MSDN 上のヘルプはこちら、Database.Open Method (WebMatrix.Data) ■wi … 続きを読む

カテゴリー: C#, データベース | 1件のコメント