プラダの鞄を直接あげるのが値渡し

list このエントリーをはてなブックマークに追加

プラダの鞄を手渡しするのが、「値渡し」なのはOKとして、

新作プラダが売っていたら、と教えるのが「参照渡し」なのは、納得がいか~んッ!!!

ということで、図解。

話題にしたのは、PHP なんだろうけど、ちょっと C++ で図解。

PHP 版、C# 版も後ほど、作ります?

■直接、手渡せば「値渡し」

値渡しってのは、実は、コピーが発生するので、あまり正確ではないのだが、

こんな感じ。

20100917_02.jpg

struct Prada prada ;

Alice.Plesent( prada );

な感じですね。

実は、C++ の場合は、変数のコピーがスタック上で渡されるので、下図のようになるのが本当です。

20100917_03.jpg

■予約券渡して、参照渡し

そんなもののだから、一度、こっちで購入して(newして)、ポインタだけ渡します。

これが参照渡し。C#やJavaだと、これがデフォルトですね。

20100917_04.jpg

Prada *prada = new Prada();

Alice.Plesent( prada );

こんな感じ。ルイスは、鞄を買うわけですね。後で、取りに来て具合。

後に取りに来るにしても、new した場合は、アリスは百貨店に取りに行くわけですが、ルイスとしては自分の処に取りに来て欲しいわけで、

Prada prada;

Alice.Plesent( &prada );

とすると、自分のところに取りに来てくれます。

■レンタル品も、参照渡しで

ところで、高級品はレンタルでもいいんじゃないか、とか。

皆で共有すればいいんじゃない?ってな考え方もありますよね。

20100917_05.jpg

Prada *prada = new Prada();

Alice1.Plesent( prada );

Alice2.Plesent( prada );

Alice3.Plesent( prada );

確保した鞄を、それぞれのアリスに予約券で配ります。

いらなくなったら、ってな話は、C++の場合大変なのですが、C#やJavaの場合はGC(ガベージコレクション)ですね。

逆に言えば、誰かが使っている間はプラダは確保されます。

■おねだりは、参照渡しで

参照渡しのもうひとつの使い方が、おねだりパターンです。

ええ、訳が分かりませんね。図解します。

20100917_06.jpg

これが欲しい、とルイス君に言うと買ってくれます。

コードにすれば、

Prada *prada ;

Lewis.Onedari( &praga );

こんな風になります。

Onedari メソッドを呼ぶと、prada の中身をくれます。

たまに買ってくれないとき(nullのとき)があるので、注意が必要ですが。

■空箱を渡すと例外が発生する

ちなみに、参照渡しをするときに、nullポインタを渡すとエラーになりますね。

20100917_07.jpg

Prada *prada = null;

Alice.Plesent( prada );

箱を開けて見れば、空っぽッ!!、Alice は大激怒です。

そんな訳で、呼び出された側でも null チェックは必要ですよね。

ええ、元ネタは、これということでw

20100917_08.jpg

カテゴリー: 開発, C++ パーマリンク

プラダの鞄を直接あげるのが値渡し への1件のフィードバック

  1. masuda のコメント:

    まちがった、
    Alice.Onedari( &prada );
    ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*